仕事

VTuberは稼げる? エンタメビジネスの新時代へ

―[動画で稼ぐ!]―
 トップYouTuberの年収は余裕で“億超え”。さらに’19年には芸能人やスポーツ選手が多数参入し、市場は大活況を迎えている。今春“5G”が本格的に普及し、さらに動画が身近なコンテンツになることは自明だが、素人でも今さら稼げるのか!?

“YouTuber科”新設立!エンタメビジネスの新時代へ

動画で稼ぐ! YouTuberが有望視されることを示す一例として、今春から代々木アニメーション学院が“YouTuber科”を新設することが話題に。同学院の棚原清吾氏は語る。 「弊社は学校法人ではなく株式会社なので柔軟に学科の設立ができます。その際に着目するのが“小中高生がなりたい職業”です。YouTuberがランクインする時代になり、どんな教育をしていけば、その夢をサポートできるかを考えました」
動画で稼ぐ!

棚原清吾氏

 特に力を入れているのがCGキャラクターに声や動きを当てて動画投稿や配信をするVTuber(バーチャルYouTuber)という。いまや人気VTuberをMCやドラマキャストに起用した地上波番組が放送され、コンビニでは「VTuberチップス」が発売されるほどの盛り上がりぶりだ。 「誰にでも投稿はできますが、その中身をどうするのかを教えていきます。キャラクターを演じるためのボイトレや、フリートーク、動画編集の授業といったエンターテイナーと動画制作者の両方のスキルを身につけるカリキュラムのほか、社会人基礎なども講義する予定です」 動画で稼ぐ! 卒業すれば、VTuberとして稼げるようになるのだろうか? 「最近は日清食品やロート製薬などの大手企業もVTuberを取り入れていますし、スーパーのサイネージで実演販売をすることも。今後はVRも普及しますから、活躍の場はこれからYouTubeのほかにもどんどん広がっていくと思います」  プラットフォームを超えて稼ぐ人材になりたいものだ。 【棚原清吾氏】 声優やアニメーターなどを数多く養成してきた代々木アニメーション学院で、「Vチューバーアイドルコース」などの講師を担当する 取材・文/東田俊介 森野広明 アケミン 和田まおみ(本誌)
―[動画で稼ぐ!]―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事