お金

コロナ相場に貯金すべてを投じた会社員、乱高下にギャンブラーの血が…

 新型コロナウイルスの蔓延で、世界経済はリーマンショック以来の同時株安に見舞われている。眠れない日々を過ごしている投資家も多いだろうが、この相場を“一攫千金チャンス”と考えるツワモノたちもいる。行き着く先は天国か地獄か。決死の覚悟でコロナ相場に突撃した30代サラリーマンギャンブラーの結末は――。

600万円分の株を空売り…

「うちもご他聞に漏れず在宅勤務になっています。そもそも出社しようが営業職なんで、お客さんのところに伺えないんです。家にいたってやることもなくヒマ。で、ぼけっとニュースを見ていると、相場がえらいことになっているでしょ。実は2年ほど前、株でえらい目にあったことがあってしばらくやめていたんですけど、あの乱高下を見ていたらうずうずしちゃって……」  こう話すのは、都内在住の会社員・吉村将さん(35・仮)である。先日、「コロナ騒動を横目に片道1000円の韓国カジノ旅、場内はマスク姿の日本人だらけ…」の記事に登場したあの御仁だ。吉村さんの貯金額は300万円。その大半にあたる200万円を証券口座に移し、“参戦”を決意したのは3月2日の月曜日だった。 「2月28日の金曜日に806円安の2万1142円をつけていました。コロナ騒動はまだ続く、もうちょい下がるだろうと思って、信用取引で約600万円分、空売りすることから始めました。銘柄は、送料問題で炎上していた楽天、1単元の株価が高く値動きの激しい任天堂、あとは仁川のパラダイスシティの運営もしてるセガサミーホールディングスの3つです。セガサミーは日頃お世話になっている企業ですが、カジノも閑古鳥でしょうしね」  ところがこの日、日銀が1002億円の指数連動型上場投資信託受益権(ETF)買い入れを実施。一時500円超の下落を見せた日経平均は一転して急上昇し、終わってみれば前日比201円高の2万1344円という結果になってしまった。 「いま思えば、このまま売り越しておけばよかったんですが、この時は慌てて損切りに走っちゃったんです。軽い気持ちで始めた結果が、たった1日で20万のマイナス。これで終われるわけないでしょう。虎の子の100万円を追加入金し、今度も約600万円分を同じ3銘柄の買いに入りました」  吉村さんの読み通り、その日の夜、NYダウは1294ドル高の大幅反発となった。 「こりゃ取り返すどころかプラ転だな。儲かったら久しぶりに吉原でも行くか。そんな気分でニヤニヤしながら翌朝、証券アプリを開きました。が、なぜか思ったように上がらないんです。取得価格が悪かったのでちょっと上がっただけならマイナスの状態でした。翌日は17円高、翌々日は229円高といま一つ上がりきらない。10万円の含み損を抱えたまま、ぐっとこらえて持ち越すしかない状況でした」
次のページ 
「売り」に入れば日銀の市場介入…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事