仕事

稼げるキャリアの築き方。転職で自分を高く売るには?

自分のキャリアをまずは知る。レジュメを徹底的に練り上げろ

 転職を意識する副次効果について語る北野氏だが、この思考は実際に転職する際にももちろん役に立つ。不当な年収で買い叩かれないようにする防御策となるからだ。 「自分の業界では技術点が70点でも、違う業界に行けば評価されるという話は多々あります。だからこそ、自分の市場価値を俯瞰することが重要なのです。ただ、“とりあえず”で転職エージェントに登録だけして、棚ぼた的な展開を待っている人が本当に多い。そういう人は、エージェントにとって“格好のカモofカモ”だということを自覚してほしいです」  エージェントに騙されず、自分を高く売るには何をすべきなのか。 「レジュメ(職務経歴書)を真剣に作り込む。どれだけ具体的なキャリアが書けて、人に伝わる説明ができるのか、徹底的に向き合うことが必要です。それをエージェントではなく、自分に情報提供してくれる人や、利害関係のない人に見てもらうとよい。他者の視点は、自分では無自覚な強みの発見、解釈が整うきっかけになります」  キャリアの棚卸し。自分を客観視することが、成長への近道だ。 【著述家・実業家 北野唯我氏】 ’87年生まれ。神戸大学卒業、博報堂入社。ボストンコンサルティンググループを経てワンキャリア最高戦略責任者。著書に『オープネス』など <取材・文/週刊SPA!編集部>
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事