デジタル

『FF7』リメイク版発売直前! 伝説のゲームとして記憶される3つの偉業は?

ゲームコラムニスト・卯月鮎

卯月鮎

●ファイナルファンタジーⅦ リメイク PS4/スクウェア・エニックス/8980円(+税)/4月10日発売予定 『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』の発売日、4月10日が近づいてきました。もともと『FF7』は1997年にプレイステーションで発売され、世界累計1200万本以上を売り上げたタイトル。リメイク版は複数作展開予定で、今作は序盤にあたる巨大都市ミッドガル脱出までが描かれます。  この『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』、23年ぶりの大型リメイクという以上にゲームファンから熱い注目を集めるのは、オリジナル版の『FF7』がゲーム界の常識を覆す存在だったから。『FF7』のどこが革命的だったのか、3つのポイントを振り返ってみたいと思います。

『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』公式サイト

ポイント1 プレイステーションを勝利に導いた移籍劇

 まず1つ目は、大作ソフトがハードの命運を握っていることを知らしめた点。『FF』シリーズは『6』までファミコン→スーパーファミコンと任天堂ハードで展開されてきました。ところが『FF7』はプレイステーションでの発売が決まり、当時センセーショナルに報道されました。  90年代半ばはいわゆる次世代機戦争のさなか。ポスト“スーファミ”の座を狙い、セガサターン、PC-FX、3DOと数々のハードが熾烈な争いを繰り広げていました。結果として、この『FF7』の移籍がプレイステーションを勝利へと導いたのです。

『FF7』の移籍によって次世代機戦争の勝利を決定づけたプレイステーション

 もし、『FF7』がほかのハードから発売されていたら? もし、噂のあったNINTENDO64向けだったら? 現在の任天堂vs.ソニーの構図とは違うものになっていたかもしれません。現在にもつながるハードの命運を決めた歴史の転換点でした。
次のページ
ゲーマーを仰天させた『FF7』の仕掛け
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事