ライフ

デブこそ、おしゃれをするべき理由。外見が変わると思わぬ変化が…

 こんにちは、デブのデブによるデブのためのファッション&ライフスタイル情報を配信するウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科です。  今回はデブの方にこそ、ファッションをもっと楽しんでもらいたい理由ととも、先日、「Mr.Babe」が満を持してスタートさせた“デブリーな方々の通販デパート”「Mr.Babe STORE」についてご紹介します。

「外見」を変えることで心が豊かになるワケ

 もうこの連載では何度もお話していますが「日本人成人男性の3人に1人が肥満」という時代を迎えております。「Mr.Babe」編集長である私を含め、日本の大人の3人に1人がその大きなボディゆえの何らかの悩みを抱えていることは明らかです。たとえば、それが「ファッション」だったり、「公共交通機関の座席のスペース」だったり、「恋愛コンプレックス」だったり……。 「Mr.Babe」はそんな全国のデブ諸氏のために有益な情報を発信すべくスタートしたわけですが、その中でも私がもっとも重視していたのが「大きい体でもおしゃれなファッションを楽しむ」ということでした。  太ってしまったことで「オレはどうせ太っているから女性にもモテないし、おしゃれしたくてもサイズもないし……」なんて思い込んでいる方たちに、実は太っていたって女性にモテるし、おしゃれも楽しめるということを実証するために頑張っております。実際、太っていてもおしゃれな方も、女性にモテる方もたくさん存在することも事実です。  ただ、人間はどこか自分に自信がなくなると、何に対してもネガティブになる傾向にあるのも否めません。そして、特にそれが如実に出るのが見た目やファッションではないでしょうか。 「自分が周りの人にデブだと思われているのでは」とか「太っていることで洋服が似合わない」と、自分で思い込んだりするとついつい人に会うのが嫌になったり社交の場を避けてしまったりしてしまいます。  実は周りの方々はそんなことを思っていなくても、勝手に自分だけで「デブだからモード」に入って、悪循環になっている方も多いような気がします。私はそんな方々が自信を持って前向きになれる一番、手軽な手段が「おしゃれになること」だと思っています。  サイズも含めて自分に似合うファッションコーデが可能であれば、外に出たくなるし、人に会ったり遊んだりすることが楽しくなってくるはずです。自分の着ているものに自信がもてたり、周りの誰かに「そのシャツ、いいですね」とか「そのパンツ、かわいいですね」とか言われると、どんどん前向きになってきますよね。  つまり「外見を変えることで内面も変わってくる」ということなのです。この場合の「外見」とはまさにファッションのことで、ファッションを充実させると自然と心の中も豊かになり余裕が出てくるのだと思います。実際に私の知り合いでも「おしゃれをするようになってからうつ病が治った」という方の話もあったりするくらいです。

マネキンのマネしてもおしゃれにはなれない

 最近はネットでも実店舗でも大きいサイズが増えてはいますが、まだまだ情報は充実していないと感じています。たとえば「大きいサイズの路面店」や「大きいサイズの通販」などもあるのですが、アイテムに偏りが会ったり、自分に合うコーデがわかりにくかったりするところも多く、「買ってみたけど、実際に着てみたら自分に似合わなくてタンスの肥やし」なんてことになっている方も多いようです。  お店に行くと、マネキンにコーディネートしたモノがディスプレイされていたり、雑誌を見るとモデルさんがおしゃれコーデを着てかっこよく載っていたりしますよね。それを見て参考にして買う方も多いと思うのですが、私たち「ぽっちゃり体型」がそれをしてしまうと、現実とのギャップに凹んでしまうことが多いのです。  ショップのディスプレイや雑誌のモデルさんたちはスタイル抜群ですし、もちろんイケメン。それを見て自分が着ているイメージを膨らませろといっても土台のシルエットが違うので無理ですよね。  普通体型の方だってそんな経験ありと思いますが、ポッチャリ業界ほどではないと思います。そんな実体験を含めながら「ポチャメンがおしゃれを楽しむプラットフォームを作りたい」と考え続けた結果、「自分たちで通販サイトを作ってしまえ!!」ということになったわけです。
次のページ
ユーザーに近い大型モデルを器用
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事