恋愛・結婚

キャバ嬢に「倍返しだ!」結婚の口約束を裏切られた男の恨みつらみ…

バースデーイベントバックレ計画、始動

 第三者からすれば「気づくの、遅っ!」となるが、それだけぞっこんだったのだろう。  疑惑が浮かび上がってきたころ、大樹さんはナナコさんのSNSのフォロワーからあるホスト男性を見つけた。付き合っていることはオープンになってはいなかったものの、二人の投稿を見れば一緒にいることがわかるようなものだったそうだ。 「疑惑が確信に変わった瞬間でした。俺のことを騙しやがって…」悔しそうに語る大樹さん。そこから、結婚計画が復讐計画へと切り替わる。 「ちょうどナナコのバースデーイベントが近かったので、仕返しに恥かかせてやろうと思いました。まず、希望していた特大のバルーンスタンドと高級シャンパンを卸すことを約束したんです。さらに、VIP席予約しておいてとか、フルーツ盛り合わせ特注でお願いとか。200万円くらいは使える…と言ったりね」  そしてバースデーイベント当日。大樹さんはナナコさんとの約束をバックレた。

倍返し、一応成功…?

「すぐにバックレたことがバレるともったいなかったので、残業ということで引き伸ばしました。もう、着信と“まだ仕事?遅い!”LINEの嵐でしたよ。焦ってる姿を想像すると笑う。仕事終わりに嫌味なLINEが来ていましたけどね」
LINE画像

ナナコさんからのLINE画像

 見せてもらったLINEからは、ナナコさんがイライラしているであろうことが伝わってくる。なんとも虚しい復讐劇であるが、大樹さんは満足したようである。ちなみにこれを機に、ナナコさんのLINEをブロックしたそうだ。 「恥ずかしい思いをしたバースデーイベント。太めの客(大樹さん)がいなくなる。想像するだけで大ダメージだったと思いますよ。でも、僕の被害額は100万円以上ですからね。もう貯金がありません。まあ、スカっとはしましたけど。夜の街の女性は怖いわ!」  相当懲りたのか、現在はマッチングアプリを使ったノーマルな婚活をしているそうだ。  甘い言葉で誘ってくる色恋キャバ嬢は多いが、大半は営業トーク。入れ込み過ぎると、大樹さんのように金銭的ダメージを負う可能性もある。特に結婚を視野に入れた出会いを求める際には注意したい。<取材・文/吉田みく>ルポライター。得意なジャンルは恋愛にまつわる人間関係。好きなことは潜入取材。twitter:@yosmiku
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白