お金

港区は最大30%の上乗せ…「プレミアム付き商品券」の侮れないお得度

―[お笑い節約道場]―
 お笑い芸人、ブルーザーの井上ブルドーザーです。芸歴12年目、まだバイトなどをしながら生活しています。そんなお金がない生活で自然と身についたのが節約&お得術。2018年~2019年の2年間であらゆるポイントを集め、100万円相当のポイントを貯めました。苦しくない節約、誰にでも簡単にできる節約を心掛けています。

全国各地で「プレミアム付き商品券」が発売

 今回、ご紹介するのはプレミアム付き商品券です。昨年10月に消費税が10%に上がった際、全国各地で販売されました。最近は新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んでいる地元のお店などを支援する目的で、多くの自治体がさまざまなプレミアム付き商品券を販売しています。  だいたいの商品券はおおよそ販売価格の20~30%分が上乗せされて使用することができます。使用できる店舗は地元の一部の店舗に限られてしまうのですが、日常的によく使うお店が対象である場合はかなりお得な商品券です。  昨年の消費増税の際に販売されたプレミアム付き商品券は低所得の方や3歳未満の乳幼児がいる子育て世帯のみが対象でした。しかし、最近、販売されている全国各地のプレミアム付き商品券は所得の制限などがないところが多くなっています。  ただし、制限がまったくないわけではありません。買うことができるのが販売する自治体に住んでいる人のみというところは珍しくありません。そんな中、東京都港区は「どこに住んでいる人でもいいですよ」という、とても素晴らしい商品券「港区内共通商品券」を販売予定です。
港区内共通商品券

過去最高のプレミアム率と銘打たれた「港区内共通商品券」

次のページ
港区は発行総額10億円分の商品券を用意
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事