ニュース

新型コロナ感染“第3波”の深刻度。倒産・廃業は過去最多に…東京五輪は絶望的!?

ファイザーのワクチンの副作用を不安視する声も

 米ファイザーは11月9日に、開発中のワクチンの治験に参加した9割以上の対象者に予防効果を確認したと発表して注目を集めたが、副作用を不安視する声も。  上氏は「インフル用ワクチンの有効性が5割であることを考えると、9割は“効きすぎ”。効果が強ければ免疫反応も出やすく、副作用を生じやすいと指摘する医師も多い」と話す。 <取材・文/週刊SPA!編集部>
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事