エンタメ

<純烈物語>クドカン的音楽手法に音で返す。リーダー酒井はなぜドラマ『俺の家の話』に突き動かされたのか<第88回>

jyuntaku1

潤 沢を完コピした動画(純烈公式YouTubeチャンネルより)

<第88回>クドカン的音楽手法に音楽で返した形に……酒井一圭はなぜそこまで『俺の家の話』に突き動かされたのか

 御園座・水戸黄門公演の最終稽古を終えたあと、2時間で潤 沢『秘すれば花』の歌入れを済ませた純烈の4人は、なかなかのヘロヘロ状態だった。翌日の午前中には名古屋へと向かうスケジュール。場合によっては、約1ヵ月分の準備をするうち、ほとんど寝られぬまま朝を迎えてしまうかもしれない。  それでも「早く帰りたい」と口にするメンバー、スタッフは一人もいなかった。むしろ、リーダー・酒井一圭の思いつきに対し、全力で応えようとしていた。 「あちらは長瀬(智也)さんたちなんですよ。絵的にも会場がスパリゾートハワイアンで、有観客でもある。これは、ただ歌ってみたじゃ太刀打ちできないだろうから、いろいろ考えてやらなければとなって。とりあえず完コピをベースにして、やれないところは純烈らしくいこうと。

寿限無メイク&過剰なる顔芸を披露した小田井

 たかっし(阿部サダヲ)はステージに出る前の幕の中でこういう感じだったんじゃないの?っていうのを、白川(裕二郎)のリップ(への寄りショット)から始めて、普通のムード歌謡よりもわざとエロく歌えと。後上(翔太)は永山(絢斗)さん役なので素人っぽく振り切った元気な感じ。小田井(涼平)さんの寿限無(桐谷健太)メイクは、現場に来てからのアドリブ。純烈ライブと同じでよけいなことをやる役割を、ちゃんとやってくれた」
jyuntaku3

寿限無メイクを施した小田井(純烈公式YouTubeチャンネルより)

 メイクを施すだけでは飽き足らず、過剰なまでの顔芸を歌い終えたあとのメッセージ動画中も続けた小田井。一般的なリーダーだったら、そこで「おい、それやりすぎやろ。桐谷さんからクレームが来たらどうすんねん!」となるのだが、残念ながら酒井一圭は「怒られたらそれはそれで面白いな」と思ってしまう人間。なのでこの場合、放し飼い。  その酒井自身も長瀬の顔芸で曲を締めた。『俺の家の話』ではテロップで出された「恋はFlower」の歌詞を「恋はブリザード」と変えて歌われたが(プロレスラーとしてのリングネームがブリザード寿)、そこは元のリリックで原曲を忠実に再現。
jyuntaku2

長瀬智也の顔芸で締めた酒井(純烈公式YouTubeチャンネルより)

 ノリノリでやるメンバーと、それを形にするべく動くスタッフを見て、酒井は「みんな、すっかり純烈になっているなあ」と噛み締めたという。過去、どんなに自分がいくぞ!と息巻いても、周りがついてこられぬ歴史があったからだ。  思いついたところで駒もスキルも足りず、それを実現できる体制が整っていなかった。でも今なら「喜んでもらえるものを作れる」チーム力がある。 「小学生の頃の僕を知っている人間は、みんな『一圭、芸風変わっとらんなあ』って言うはずです。小さい時から動機は“遊び”なんですよ。それを実現させるために一人で突っ走っていた。今でも、なんで仕事に遊びが負けなあかんねん!って思いながらやっていますもん」
次のページ
チェックに出すと即レスしてくれたTBSスタッフの熱量
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事