ライフ

1万円のウイスキーが25万円。投資対象としてみた「お酒」の商品価値とは

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。普段、高級腕時計をお得に楽しむとことを実践している私ですが、今回お伝えするのは、『高級なお酒』についてであります。
響21年

約11万円で売却した響21年(旧ボトル)

 実は私、近頃、「ウイスキーを買った値段よりも高く売る」ということに成功したのですが、そういった相場観をもとに、今回は「飲み頃のお酒」を紹介したいと思います。  ちなみに、私が高く売ることに成功したのは、メルシャン軽井沢ビンテージ1986年と、サントリー響21年の2本です。どちらも2006年頃に購入したのですが、当時の購入額は、軽井沢ビンテージが1万円程度、響21年は2万3000円ぐらいでした。  2006年当時では、デパートや家電量販店といったお店で、ごく普通に売られていたこの2本ですが、今となっては、どちらも10万円以上という価格帯で取引されているのです。  私が売却した額は、軽井沢ビンテージが約25万円、響21年が約11万円。ですから、両方あわせて30万円以上の売却益を得ることができたのです。さて、ここで重要なのが、2006年当時のお酒事情。最近では、ウイスキーへの注目が高まっているのは「当たり前」という感覚がありますが、実はこの当時、ウイスキー人気は低かったのです。
軽井沢ビンテージ1986

約25万円で売却した「軽井沢ビンテージ1986」

2006年頃に人気があったお酒

 ワインを除くと、お酒のブームはこの20年で変化したといえます。  では、ウイスキー人気が出る前の時代、どのようなお酒が人気だったかというと、それは芋焼酎であります。  2006年頃、芋焼酎の人気銘柄は、その多くが入手困難という状況。それらは、定価よりも高い価格で取引されていたのですが、当時最も高かったのが「森伊蔵」でしょう。おおよそ、4万円台という実勢価格だったと記憶しています。  森伊蔵の他にも、村尾、佐藤、伊佐美といった芋焼酎の人気が高く、いずれもかなりなプレミアム価格状態。また、百年の孤独といった麦焼酎もそれらに負けないぐらい高値となっていました。  実は私、百年の孤独が好きで、2006年時点で「飲みたい!」と強く思っていたのですが、当時の実勢価格は2万円以上という水準。これでは、買ったとしても「飲む勇気が出ない」ということで、私は百年の孤独の代替品として、ウイスキーに興味を持ったのです。

2006年頃のウイスキー相場

 2006年当時は、ウイスキー人気が低かったため、家の近所の24時間営業のスーパーでも、響17年が約8700円で「当たり前」に売っていた時代。ですから、この頃は、今では考えられないような価格で様々なウイスキーの名品を試すことができたわけです。  ちなみに、この頃のウイスキー価格(量販店等の実勢価格)を私の記憶をもとにご紹介すると、 ・ラフロイグ10年 3000円台前半 ・マッカラン12年 約4000円(安い時ところだと3800円で狙えた) ・山崎12年 約9000円 ・響17年 約8700円 となっていました。(いずれも700mlボトル)それが今や、 ・ラフロイグ10年・・・3000円台前半⇒約4000円 ・マッカラン12年・・・約4000円⇒7000円以上 ・山崎12年・・・約9000円⇒2万円以上 ・響17年・・・約8800円⇒6万円以上(生産休止のため) となっているわけです。  この10年間で特に変わったのが、ジャパニーズウイスキーの相場だといえますが、マッカランなど、倍近くの相場になっているスコッチウイスキーもあります。  また、ラフロイグや山崎、響といった銘柄は、近頃「○○年」という年数表記をしない「ノンエイジ品」が増えた傾向がありますが、これは世界的なウイスキー需要が高まった結果、原酒不足によるものという見方があります。  ですから、今、美味しいウイスキーを飲むハードルは以前よりも上がっているといえるのです。
次のページ
ブランデーは?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事