スポーツ

日本サッカー五輪代表の18名は? 6月の最終選考前に大予想

 長引くコロナ禍によって東京五輪開催の是非が問われるなか、日本サッカー協会は6月に行われる東京五輪に向けた強化を目的とした国際親善試合に出場するメンバーを発表した。その会見で森保一監督は、「最終選考」であることを宣言。
 そんななか、6月3日に開催予定のA代表とジャマイカ代表との対戦が急遽中止に。代わりに史上初の日本代表同士の試合が行われ、結果は”兄貴分”が貫禄を見せ、3-0という結果となった。  そして、今後行われる5日と12日の試合によって、今回選ばれた27名から本大会に出場する18名が選出されることに。タイトな日程の中、選手にとっては最後のアピールの場となる。

なぜ23歳以下の選手なのか

 五輪の男子サッカー競技には、23歳以下の選手でチームを構成しなければならないという独特のレギレーションがある。これはワールドカップとの差別化を図るため、1992年バルセロナ大会より設定された。しかし、無名の若い選手が多い試合は集客力がなかったため、1996年アトランタ大会からは24歳以上の選手を最大3名加えられるオーバーエイジ枠を設けることになった。  また、ワールドカップでは最大23名の選手を登録できるが五輪は18名と登録メンバーが5名も少なく、監督はその選考に悩まされることになる。  新型コロナウイルスのパンデミックによって1年延期となった東京五輪に限り24歳以下というレギレーションに変更され、これまで強化してきたチームから大きな変化がないように考慮された。U-24日本代表はこれまで多くの選手を招集して強化に励んできたが、今回は3名のオーバーエイジ枠も選ばれて最終選考および最終調整という意味合いが色濃くなっている。  今回選ばれた27名のメンバーは以下のとおりで、よほどのことがない限りこのなかから東京五輪に出場する18名が選ばれることになる。 GK 大迫敬介(サンフレッチェ広島) 沖悠哉(鹿島アントラーズ) 谷晃生(湘南ベルマーレ) 鈴木彩艶(浦和レッズ) DF 吉田麻也(サンプドリア[ITA])※OG 酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ[FRA]※発表当時)※OG 町田浩樹(鹿島アントラーズ) 旗手怜央(川崎フロンターレ) 古賀太陽(柏レイソル) 冨安健洋(ボローニャFC[ITA]) 橋岡大樹(シントトロイデンVV[BEL]) 菅原由勢(AZアルクマール[NED]) MF 遠藤航(VfBシュツットガルト[GER])※OG 板倉滉(FCフローニンゲン[NED]) 中山雄太(PECズヴォレ[NED]) 相馬勇紀(名古屋グランパス) 三好康児(ロイヤル・アントワープFC[BEL]) 三笘薫(川崎フロンターレ) 遠藤渓太(1.FCウニオン・ベルリン[GER]) 堂安律(アルミニア・ビーレフェルト[GER]) 食野亮太郎(リオ・アヴェFC[POR]) 田中碧(川崎フロンターレ) 久保建英(ヘタフェCF[ESP]) FW 林大地(サガン鳥栖) 前田大然(横浜F・マリノス) 上田綺世(鹿島アントラーズ) 田川亨介(FC東京) ※OG=オーバーエイジ枠
次のページ
オーバーエイジの3枠は確定か
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事
この記者は、他にもこんな記事を書いています