恋愛・結婚

ぼっち男が不倫すると超危険なワケ。友だちゼロ、家族内で孤立…居場所を失い暴走の結果は

 青春時代、仲間たちと思い思いに語り合ったのも今は昔。50代、人生の終盤戦に臨もうとする男たちに「友だちがいない」のは、今やデフォルトのようだ。そして孤独がもたらす悪影響を、50代男たちはあまりに安く見積もっている。そんな彼らがこれから支払う“代償“とは――。

希薄な人間関係が生む不倫相手への依存。ぼっち男の不倫は超危険!

50代男[友だちゼロ]の衝撃

※写真はイメージです

 友だちレスな環境は家庭にも暗い影を落とす。ぼっちの50代男が家族内で孤立するケースは、多くの実例が寄せられた。 「家庭内で存在感を示せたのはせいぜい40代半ば、子供が中学生の頃まで。それ以降は家にいるだけで嫌な顔をされ、リビングにも寝室にも居場所がありません」(51歳・通信会社)

不倫や色恋でこじれて大問題に

 居場所を失った中年男ほど暴走しやすい状況もない。家族間の問題に詳しいフリーライターの亀山早苗氏はこう語る。 「50代の男性が不倫や色恋でこじれて大問題に発展するケースは、友だちがいない男性が溺れるパターンが目立ちます。社交的な男性はこの年に至るまで経験を積んでるので割り切った恋愛を謳歌するのに対し、他に人間関係が希薄な友だちゼロおじさんは一度火がつくと相手に依存してしまう。  それに、普段は鳴らないスマホをやたら気にするから発覚も早いことが多い。視野狭窄に陥ってるので駆け落ちなど極端な行動に出たケースも見てきましたが、例外なく続きません。このパターンは不倫や火遊びをするべきではありません」
次のページ
計り知れないダメージ
1
2
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白