恋愛・結婚

結婚式で「不倫」が発覚、新婦は大号泣。式は一時中断、地獄絵図に…

結婚式で喜怒哀楽すべてをさらけ出す花嫁の父親

結婚式 田中陽太さん(仮名・40代)は、親戚の結婚式でのぐだぐだなエピソードを話してくれた。新婦父Sは、娘の結婚式であまりにも嬉しかったのか、寂しかったのか……感情の全てを出しきって門出を祝ったという。 「私と同い年の従兄妹が結婚することになり、Sは娘の結婚で随分前から舞い上がっていました。嬉しいけど哀しい。めでたいけど寂しい。父親としての複雑な思いを私に話していました」  結婚式当日、Sはついついお酒が進んでしまったようだ。

結婚式序盤で「娘が奇麗だ!」と連呼

「結婚式開始の1時間前、親族の控室に行くとSが上機嫌で何かを飲んでいます。すでにビールを飲み始めていました。まだ意識はあり、呂律はしっかりしている様子でした」  結婚式が始まると、ますますテンションが上がっていくS。「娘が奇麗だ」と言い続けていたという。 「お酒を飲む勢いは止まりません。娘を見ながら軽く泣いています。Sの妻(以降、N)は、その様子に少しイライラしていました。だんだんSの話す意味がわからなくなり、私は不安になりました」  結婚式の序盤で、すでにべろんべろんのS。司会者の話は全く聞けていないようだった。乾杯のときにも少しふらつき、意識もぼんやり。完全に目が据わっていた。 「中盤では、椅子に座っていても体は斜めになり力が入っていない様子で……。顔は笑っているのに泣いています」
次のページ
感謝の手紙で泣き崩れる
1
2
3
4
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ