仕事

「無能なのに、なぜか出世している会社員」に実は共通している5つの特徴――大反響・総合トップ10

日刊SPA!で反響の大きかった2022年の記事をジャンル別に発表してきたが、今回は総合トップ10。初回とランキング発表時の反響をあわせて集計、本当にスゴかった記事を発表する。惜しくもトップ10に届かなかった次点はこちら!(集計期間は2022年1月~2023年3月。初公開日2022年12月27日 記事は取材時の状況。同一連載からは1記事のみランクイン)  *  *  *  企業再生コンサルタント兼プロ経営者の中沢光昭と申します。コンサルティング会社や投資ファンドに長く勤めたあと、業績の悪い会社をよくするために、コンサルティングだけでなく、クライアントの要望に沿うために、雇われ経営者も投資家も同時に行い続けております。  会社の非常時になって改めてむき出しになる会社員の欲や栄枯盛衰の実態をたくさん見てきました。実際に目の当たりにした情報をもとに、会社員にとって実効性のある情報をお伝えしたいと思います。

サラリーマンにとって「出世」は最大の関心事

出世 会社員生活を過ごすうえで切っても切り離せないのが「出世」です。実際にどこまで渇望するかは人それぞれの価値観によりますが、何も気にしない人はいないでしょう。  若い頃から一所懸命頑張って誰もが認めるような成果を出して順調に出世する人もいれば、思い通りいかなくて苦しむ人もいるかと思います。  自分はそんなに望まないけど、人間模様含めた他人のことは関心あるという人もいるはずです。

外資系企業でも実は珍しくない「謎の出世」

 そして、よく見かけるのが、「なんであの人が課長/部長になれているんだろう?」というようなケース。私が関わるような業績の悪い中小企業でも見かけますが、年功序列でもない、外資系の会社とかでも実は珍しくありません。  今回はそんな成果を残しているわけでもなく、特に頭がキレるわけでもないのに、なぜか出世している人に共通する特徴を紹介したいと思います。  出世欲が強い若手からすると許しがたい存在なのは間違いありませんが、「のんびりと過ごしたいけど、惨めな会社員生活は嫌だからそこそこだけ出世したい」というような緩めの会社員の皆さんなどの参考になれば幸いです。
次のページ
「無能なのに、なぜか出世している会社員」の共通点は…
1
2
3
4
5
6
7
おすすめ記事
ハッシュタグ