カーライフ

美女は「フェラーリとランボルギーニ」どっちが好きなのか?

ハイブリッドカーに人気が集中する一方で、根性と節約で頭金を貯め、中古スーパーカーを買うサラリーマンもいるとか。なぜ、男はそこまでしてスーパーカーを買うのか?スーパーカーを手に入れれば美女にモテると思っている?そもそも美女は肉食系スーパーカーが好きなの?今回は、ベタなテーマを検証してみました! MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi 木村博道=写真 Photographs by Kimura Hiromichi ◆スーパーカーを手に入れてシアワセになれば美女も振り向く!? 太田千晶 諸君ら底辺サラリーマン層には実感ゼロだろうが、日本経済は確実に上向きつつある。根拠は、中古スーパーカーの売れ行きの上昇。中古フェラーリ専門店・コーナーストーンズ代表の榎本修氏はこう語る。 「大震災後しばらくはドン底でしたけど、秋口から良くなりまして、今年に入ってからは非常に好調なセールスを記録させていただいております!」  このお店では現在、中古フェラーリ(中心価格帯は800万円前後)が、月に15台以上のペースで売れている。しかも購入層は主にサラリーマン! 「長年コツコツ貯金された方が、300万円の頭金を握りしめて来店されまして、プラス500万円のローンを組んで購入されるパターンがポピュラーです」(榎本代表)  諸君らサラリーマンでも、根性と節約でフェラーリは買える。その達成感は凄まじく、買えば確実にシアワセになれる。かく言う私も、19年前にフェラーリを買って以来猛烈にシアワセになり、現在まで9台(+ランボルギーニ1台)も買ってしまった。榎本氏も、「毎日毎日、シアワセになっていくお客様の顔を見るのが何よりの楽しみですウフフフフ~」と仰る。  ところで、フェラーリやランボルギーニを買ったら、残る男の欲望は美女のみ。その美女は、フェラーリとランボルギーニ、どっちが好きなのか!? この永遠の命題の答えを出すために、本誌『グラビアン魂』みうらじゅん賞にも輝いたグラビアアイドル、太田千晶ちゃんに判定してもらうことにしました!  エントリーは2台。フェラーリは、私の愛車・512TR。’94年式の限定車で、ワインレッドのボディカラーが自慢だ。価格は1000万円ポッキリ。安い!  対するランボルギーニは、榎本氏の愛車・カウンタックが出場する予定だったが、前日に惜しくもエンジンがオシャカになり、代打で黄色のディアブロSVが登場。’97年式でお値段1500万円。こちらもかなりお求めやすい価格にこなれているが、両車12気筒エンジンを積む超弩級のスーパーカーである。 千晶「パッと見どっちも凄すぎて、判定できないんですけど!」  じゃ答えは助手席で出していただきましょう!! 【後編】はコチラ⇒https://nikkan-spa.jp/212518 千晶ちゃんの判定やいかに? ― 美女は「フェラーリとランボルギーニ」どっちが好きなのか?【1】 ―1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事