エンタメ

732人のアイドルが集まった楽屋でBiSメンバーが婚約!?

―[TIF2012]―
 8月4・5日の2日間、『TOKYOIDOL FESTIVAL2012』が東京・お台場で開催された。出演アイドル111組732人という国内最大級のアイドルの祭典に、過激なパフォーマンスやMVで注目を集める5人組の異端児グループ『BiS』も出演した。先月開催された『ケツバット会』(https://nikkan-spa.jp/253451)では、多くのファンが歓喜の声をあげていたが、今回のイベントではどの様な過激なパフォーマンスをみせたのだろうか? ライブ写真とともに、彼女たちに今回のイベントの感想を聞いてみた。
TIF2012,BiS

2日間、怒涛のパフォーマンスを披露したBiS

⇒【画像】メンバー紹介&変顔 https://nikkan-spa.jp/266150/tif2012bis_01  BiSの初日は、灼熱の野外ステージに始まり、終了したのはなんと日付を超えた午前4時頃だったという。中止となった公演もあったが、trfのカバー曲『survivaldance~nonocrymore〜』ほか、高速で激しい曲も多く、2日目のパフォーマンスが心配されていた。  しかし、2日目も午前のステージに登場。ガンダム立像で話題のダイバーシティ東京プラザ前の野外ステージでは、チャゲアスの『YAH YAH YAH』のカバーなどを披露した。ステージの名前は『GREEN OASIS』だったが、さすがに炎天下での野外にメンバーも堪えたようだ。  ステージ後に話を聞くと、メンバー全員が、「全然オアシスじゃない」「マイクが太陽の熱で熱くなりすぎて持てなくなるほどだった」と、振り返りながらお互いの労をねぎらっていた。一方で、「360度人がいるのが楽しかった」「いつもじゃ出会えない人に見てもらえて嬉しかった」と、会場のなかでも最も一般の通行人が多いステージで、有名曲のカバーを披露したことによる手応えを感じていた。  イベント中、会場では他のアイドルのライブを観るために、ふらっと現れるアイドルも多数いた。屋外ステージの芝生で休憩していると、さっきまでライブしていたアイドルたちが前を通り驚いた。しかし、BiSは初日のハードさもあってか、ほとんど他のアイドルのライブは観られなかったという。そのかわり、お楽しみは楽屋にあったそうだ。  他のアイドルと、楽屋でどんな話をして楽しんだのか? 一人ずつ聞いた。
TIF2012 BiS

ワッキーが楽屋で披露した謎の舞

ワキサカユリカ「『OS☆U』のばんちゃん(伴かなみ)と踊りました。『ティフ! ティフ!』って言いながら(笑)」 プー・ルイ「入口の方で大声でやっていて、私たちは奥の方にいたんですけど、そこまで聞こえてきました。ばんちゃんに申し訳ない(笑)」 ミチバヤシリオ「『でんぱ組.inc』のねむきゅんさん(夢眠ねむ)が先日誕生日だったので、『おめでとうございます』と書いた手紙を渡しました」 プー・ルイ「『hy4_4yh』のゆかりんさんが好きで、さっき『結婚して下さい』って言ったら、『いーよいーよ!』って快諾してくれて。婚約しちゃいました! あと、『Predia』のアッキーさん(岡村明奈)が昔から好きで、毎回話しかけているので、“認知”されてるんですよ。『風男塾』の浦くん(青明寺浦正)からも声をかけてもらえて嬉しかったです。イケメン!」 ヒラノノゾミ「『アフィリア・サーガ・イースト』のアリアちゃんが大好きで、アリアちゃんの方から『2ショット撮りましょう』って言ってくれて。ついに念願が叶いました。他にはNegiccoさん、ハイパーさん(hy4_4yh)、Prediaさんも好きです。みなさん気さくで優しかったです」 全員「のんちゃん、DD(誰でも大好き)だよね(笑)」 テラシマユフ「『AeLL.』のしじょうさん(石條遥梨)に凄く会いたかったのに、お会いできなくて悲しいです。移動中にも、いないかチラチラ見て探したんですけど……。でも、地下アイドル時代に同じ現場で活動していた子たちと、このイベントで再開できたことは嬉しかったです」  ステージも、楽屋裏も全力で満喫した様子のBiS。他のアイドルたちも、今回のTIFをキッカケに、アイドル同士で接近したのだろうか? 111組732人という壮大なアイドルの祭典を経て、今後のアイドル界に面白い化学反応が起きることに期待したい。 <取材・文・撮影/林健太> ⇒【画像】ライブの模様 https://nikkan-spa.jp/266150/tif2012bis_08
―[TIF2012]―
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事