恋愛・結婚

たもちんの人生相談「束縛するのは自信がない男」

たもちん恋愛ニュース53

― 人気コラムニスト“たもちん”こと田母神智子の恋愛コラム ―

[まーにゃさんからの相談内容]

 普段はとっても優しい彼だけど、束縛がひどいんです。

 男を見るな、男と話すな、男に笑顔を見せるな、膝より上や胸の谷間が見える服禁止、飲み会禁止、オンラインゲーム・SNS禁止、門限22時、居酒屋・カラオケ店入店禁止など……。束縛をめぐってケンカが絶えません。

 それ以外は私の言うことを優先してくれて、優しくて面白くて自分が自然体でいられる相手です。束縛さえ我慢すれば素敵な人です。ですが、たまに束縛が辛くて辛くてたまらなくなることがあります。

 束縛がなくならなくても、せめて軽くなってくれたら嬉しいです。どうしたら束縛を軽くしてくれるでしょうか?

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

田母神智子(たもちん)

田母神智子(たもちん)

 束縛問題ですね。「男を見るな!」とかヤバくない? それって生きることに支障をきたすよね(笑)。

 私も高校生のときに付き合ってた彼氏がスゴい束縛の激しい男でした。私も子供だったから、付き合うってこういうものなのかなぁ……なんて最初は思っていたんですが、その当時やっていたバイト先の先輩と私が夜な夜な遊ぶようになって、男女数人のグループで遊んでたから、それ知った彼が30分置きに連絡してきたりとか、超面倒くさかった。

 あまりにも面倒くさいから、家に帰って寝たフリして電話を無視して遊びに行ったりしてたんだけど、当時、私はまだ高校生で実家暮らしだったので、彼氏が自宅に連絡しちゃって、いない事がバレて、地元中探されたりしたよ。遊んでいた友達や先輩に「アンタの男ヤバくない?」とか言われるし、超恥ずかしかった!

 結局先輩とかと遊んでいるうちに、自分の彼氏の束縛って異常なんだなって気付かされて、どんどん冷めてって別れちゃった。

 私は自分の自由を選んだよ。だって、高校生の貴重な時間を、一人の男に奪われるなんてバカバカしくない? 時間はお金では買えないのですよ?

 その後、付き合った男の中でも“ソクバッキー”なヤツが一人いたな……私が「お家帰りたい!」って言っても全く帰してくれないの。今思えば、あれはただの監禁だった(笑)。怖い……

 どちらの“ソクバッキー”にも言えることだけど、スゴい自分に自信がない人なんだよね。自信がないから力ずくで囲おうとするんだ。そんなことしたって気持ちが離れてくだけなのにね。あー、哀れって思ったよ。

 きっとまーにゃさんの彼は、まーにゃさんがかわいくてモテるから心配なんじゃないかな? 今後付き合っていく上で、どうしたら束縛を軽くしてもらえるかってことだけど、まーにゃさんがどうこうするってよりは彼自身が変わらなきゃ無理なのかなって思う。

 例えば、彼がほかにスゴい夢中になることができれば絶対に変わると思う。ほかに真剣に考えることがないから、まーにゃさんの心配ばかりしちゃうんだよ。

 まーにゃさんも、何でもかんでも受け入れるんじゃなくて、自分が「違うな!」って思うことはハッキリ言ったほうがいいと思う! だって、我慢して受け入れて、後々苦しくなるのは自分だし、何でも言うことを聞いてたら、彼は自分が正しいと思うだけじゃん?

私みたく自由を選ぶという選択肢もあるけれど……(笑)<取材・文/たもちん>

★ たもちんへの質問大募集!
恋愛、SEX関係に限らず、たもちんに聞いてみたいことや悩み相談などはこちらへ⇒https://nikkan-spa.jp/inquiry

※いただいたご質問は、連載やブログにて採用させていただくことがございます。ご了承ください

【田母神智子】
たもがみともこ。1986年5月22日生まれ。ギャル雑誌でカリスマ読者モデルとして活躍後、現在は恋愛コラムニストとして活躍。著書に『iS THIS LOVE?』(ミリオン出版)、「女子モンダイ」(アスペクト)。愛称は“たもちん” 。日刊SPA!にてブログ「たもちんのアタシのセックスを笑うな」を配信中

女子モンダイ

たもちん待望の最新刊




おすすめ記事