恋愛・結婚

「やっぱり年上の男性が好き」と思う瞬間

たもちん恋愛ニュース77

― 人気コラムニスト“たもちん”こと田母神智子の恋愛コラム ―

 今までいろいろな男性と恋愛をしてきて「やっぱり年上の男性が好き!」と女子が思う瞬間があるんです。

◆年下の女性には勝てないと感じた瞬間

田母神智子(たもちん)

田母神智子(たもちん)

 女友達の付き合いで、年下の男のコ(20歳)たちと遊園地に行くことになったんです。要するに、Wデートだったんですけど、男のコ同士で「こないだここ(遊園地)来たときさぁ~」なんて楽しそうに会話をしていたから、何気なく「前回は誰と行ったの?」って聞いたら、「同い年の女の子達と!」って言われました。グサっ!(笑)

 超楽しそうにそのときの話をしていたので、やっぱり同い年ぐらいの女のコと遊んでいるほうが楽しいんかなーとか、そのコたちと比べられてるのかなーとか、お肌の質感とか比べられていたらムカつくなーとか。そんなことばかり考えちゃいました。

 スゴく虚しい気持ちになった瞬間。完全に負け惜しみなんですけど(笑)。って言うか、そもそも自分が年をとってることを自覚してなかったことを反省! もっと自覚しようってと思ったけど、初めから年下と遊ばなきゃいいんだ! って気付きました。

◆突然のトラブルにも即対応してくれる瞬間

 本当は行きたかったお店が休みだった。どうしよう? そんなとき、年下くんだと実に頼りない。

「どうしよっかー」「なんかあるー?」って他人任せ。この「どうしよっかー」の時間がどれだけ女のコを苛立たせ、冷めさせていることか。結局、「どうしよっかー」の一点張りでその辺のチェーン居酒屋に入られたことがあって、一瞬で冷めた事があった。

 計画性のなさと行動力のなさに引いてしまいました。

 それに対して年上の男性は「ちょっと待ってて! 別の場所聞いてみる!」ってすぐに対応してくれるから、やっぱり大人は違うな!!って、改めて思います。もちろん2軒目のお店もちゃんと考えてくれているし。

◆デートに自転車で現れる(移動中も自転車)

 友達の話なんですけど、知り合ったばかりの年下の彼がデートに自転車で来たんだそうです。「どこかに止めて歩くのかなあと思いきや、お店移動するたびに自転車を引きずってて、中学の下校デートみたいだった!」と言ってました。

 それでも何回かデートを重ねたみたいなんですけど、ある日ついにそういう感じになって、いざラブホテルに行くことになったとき、なんと彼がラブホテルのすぐ横に自転車を止めた。「嘘でしょ!!」って思ったって言っていました。

 ムードが壊れるから、デートのときぐらい自転車は置いてきてほしいですね。ってか、朝起きてラブホテルから出て自転車で帰ってく姿とか、想像したら笑える! 他人事だからだけど。そういうちょっとしたムードも年上の男性と比べてしまいますよね。

 昔は「年下なんて絶対無理だよ!」なんて言っていたけど、最近は同世代のコたちがちらほら年下の男のコと付き合うようになってきた。

 昔、先輩が「年下のほうがなんでも言うこと聞くからラクだよ」なんて言ってたけど、その意味も今となってはわかるような気がする。だけど、やっぱりふとした瞬間に思うのは「やっぱり年上が好き!」ってこと。

 好きって言うか、ただ単にラクなだけだろって話ですけど(笑)。 <取材・文/たもちん>

★ たもちんへの質問大募集!
恋愛、SEX関係に限らず、たもちんに聞いてみたいことや悩み相談などはこちらへ⇒https://nikkan-spa.jp/inquiry

※いただいたご質問は、連載やブログにて採用させていただくことがございます。ご了承ください

【田母神智子】
たもがみともこ。1986年5月22日生まれ。ギャル雑誌でカリスマ読者モデルとして活躍後、現在は恋愛コラムニストとして活躍。著書に『iS THIS LOVE?』(ミリオン出版)、「女子モンダイ」(アスペクト)。愛称は“たもちん” 。日刊SPA!にてブログ「たもちんのアタシのセックスを笑うな」を配信中

女子モンダイ

たもちん待望の最新刊




おすすめ記事