雑学

大阪で東北の酒が味わえる稀有な店

◆福島・宮城・岩手 地酒を呑んで復興支援!!【8】
自粛ムードは百害あって一利なし! とは誰もが思うところだが、ただ飲むだけでは心もとない。そこで今回は東北の銘酒に出合える店を本誌が厳選。全国の飲んべえたちは東北の地酒を飲んで被災地支援に繋げよ!


◆新鮮処 ととろ


東北の地酒(並盛1杯)と隠岐島産・特大岩牡蠣のセットは、
通常1600円のところがキャンペーンで1050円。50円は義援金に


 店に一歩足を踏み入れると、右手にトトロの人形がお出迎え。微笑ましく感じつつ店の奥に目をやると、まるでトトロのようなお腹の店長と、思わず「お母さん!」と呼びたくなるような奥さまが、親しみやすさたっぷりの笑顔で「いらっしゃい!」と歓迎してくれる。

そんなアットホームな同店が取り揃えている東北の酒は全部で約10種類。灘や高知など西日本の酒ばかりが目立つ大阪では、これだけのラインナップがあるのは稀。

「名もない酒蔵を中心に、1週間から10日で入れ替えます」

と行くたびに全国の珍しい地酒が味わえるスタイルが人気だ。中でも福島の銘酒「奈良萬」は豊かな香りとコクが自慢で、島根の濃厚な岩牡蠣と一緒に口に含めば、より一層酒の旨味が引き立つ逸品。さらに奥さまオススメの「きく芋漬」は岩手県の郷土料理だそうで、これまた味がよく染みており純米酒との相性も抜群なのだ。



また会いたいと思う仲むつまじいお二人


◆新鮮処 ととろ


住:大阪府大阪市西区新町2-17-10
電:06-6539-7216
営:18:00~24:00 無休
●「がんばろう日本! 東北3県地酒応援フェア」を実施中。宮城、岩手、福島の
地酒を飲んでもらうと、酒代1杯分につき50円が義援金に回るシステムだ


取材・文/永利彩乃 浦和ツナ子 加藤 慶 野中ツトム(清談社) 長谷川大祐(本誌) 撮影/Toshitaka Horiba 赤松洋太
取材協力/さかや栗原 麻布店 住:東京都港区元麻布3-6-17 電:03-3408-5379 ●新橋と銀座にて「和酒BAR 庫裏」も営業中




おすすめ記事