雑学

バルスタイルで味わう東北の銘酒

◆福島・宮城・岩手 地酒を呑んで復興支援!!【7】
自粛ムードは百害あって一利なし! とは誰もが思うところだが、ただ飲むだけでは心もとない。そこで今回は東北の銘酒に出合える店を本誌が厳選。全国の飲んべえたちは東北の地酒を飲んで被災地支援に繋げよ!


◆日本酒スタンド酛(もと) 東京・新宿


自家製の燻製は、「陸奥八仙」や「国権 夢の香」など、
芳醇な香りが立つ酒で楽しみたい


「実は僕自身、若い頃はチビチビ飲む日本酒が苦手だったんですよ」

と苦笑いするのは、昨年6月にこちらの店をオープンさせた島田健太郎氏。スペインのバルを彷彿とさせる立ち飲みで本格的な日本酒を存分に堪能できる稀有な店である。

「日本酒と縁かった僕が”親しみやすい”と感じるお酒を中心に揃えました」

と勧められたのが福島の「国権 夢の香」と青森の「陸奥八仙」の2本。芳醇な香りでありながら爽やかな辛口で、自家製の燻製を肴にクイッと飲めば、忘れられない至高の一杯になるはずだ。

毎週月曜は女性限定で飲み放題プランもあり、女性のファンの多い店でもある。



「気軽に立ち寄ってください!」(島田氏)


◆日本酒スタンド酛 (もと)


住:東京都新宿区新宿5-17-11 B1
電:03-6457-3288
営:月~金15:00~23:30 土12:00~22:00 日・祝休み
●日本酒は50種ほど用意。毎週月曜は女性限定のティスティングデーを行っており、
90分1000円飲み放題。最終受け付けは20:00


取材・文/永利彩乃 浦和ツナ子 加藤 慶 野中ツトム(清談社) 長谷川大祐(本誌) 撮影/Toshitaka Horiba 赤松洋太
取材協力/さかや栗原 麻布店 住:東京都港区元麻布3-6-17 電:03-3408-5379 ●新橋と銀座にて「和酒BAR 庫裏」も営業中




おすすめ記事