雑学

山形「ひっぱりうどん」がジワジワ人気上昇中

今や全国的におなじみとなった讃岐うどん。しかし、それ以外にも全国各地にさまざまなうどんがある。そばよりも地域性が強く、それぞれの土地の人がそれぞれに愛着を持っているうどん。そんなご当地うどんの魅力を熱く語り合っていただきましょう!

◆東北編

 まずは“日本三大うどん”にも数えられる稲庭うどん。「細くてのどごしよく食べられる」(36歳・女・青森県=出身地・以下同)、「細いのにコシがある」(34歳・男・茨城県)など、出身地に関係なく推す声が多数寄せられる。ただ、「ゆですぎかなと思うくらいの稲庭うどんを、濃いツユの入った鍋に入れて、ネギやニンジンを入れてさらに煮込むとうまい」(27歳・男・岩手県)って、それはアナタの実家独自の食べ方では!?

ひっぱりうどん

ひっぱりうどん(山形県)

 また、ジワジワと人気を集めている様子なのが、ひっぱりうどん。

「見た目は垢抜けないけど、どうってことない乾麺のうどんでもおいしく食べられる。納豆やサバ缶を入れたつけ汁にドバドバひたすのが最高です」(29歳・女・山形県)、「サバ臭さが好き。親しみが持てる」(22歳・女・東京都)など、飾らない味わいが魅力みたい。

 飾らないといえば、盛岡じゃじゃめんも。「肉味噌と麺をグチャッと混ぜて食べたあと、卵や麺のゆで汁を加えてスープが飲めるのもいい」(37歳・女・宮城県)なんて、確かにうまそうだなぁ。

【稲庭うどん・秋田県】
秋田県湯沢市で作られる手延べ干しうどん。黄色みがかった麺は細くやや平たい。コシとつるつるの食感が特徴

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=407988

稲庭うどん

稲庭うどん(秋田県)

【ひっぱりうどん・山形県】
山形県(主に内陸部)の名物料理。ゆでた乾麺を納豆やサバ缶(水煮)、生卵などを混ぜたつけ汁につけて食べる

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=407989

― 激論!全国[ご当地うどん]バトル【1】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事