ライフ

サイゼリヤ店員が選ぶ、食べたい/食べたくないメニュー。定番商品を抑えての1位は…?

 現在、国内のファミレスチェーンで店舗数1位は、ガストの1346軒(※9月30日時点。会社ホームページより)。
サイゼリヤ

画像:サイゼリヤ公式ページ

 2位はサイゼリヤの1085軒(※2018年8月時点。同)で、低価格をウリにした2大チェーンがほかの有名チェーンを大きく引き離す結果となっている。

働いているからこそ知っている絶品メニューとは?

 今回は近年業績好調のサイゼリヤでパート従業員として働く一方、家族や友人と月に2回以上は食べに行くという北沢奈都子さん(仮名・30代)に筆者が直撃。 「今さら定番を挙げても面白くないですよね」との本人の提案もあり、知名度的には今ひとつのメニューの中からベスト3を挙げてもらった。
ベスト1位(柔らか青豆の温サラダ)

第1位 柔らか青豆の温サラダ(筆者撮影、以下同じ)

 まず1位に選んだのは『柔らか青豆の温サラダ』。よくサイゼリヤを利用する筆者も注文したことはなかったが、知る人ぞ知る絶品料理のひとつなんだとか。 「グリーンピースだと思い込み、食わず嫌いで注文しない人は本当に損をしていると思います。見た目こそ似ていますが、この青豆は別品種。嫌な青臭さもないですし、すごくホクホクしていて食べやすい。グリーンピース嫌いのウチの息子や友達の子供も『美味しい!』ってみんなパクパク食べていました。  ただ、そのまま食べてもいいですが、パスタメニューの『ペペロンチーノ』や『アーリオ・オーリオ』に絡めるのもオススメ。ダマされたと思って、ぜひ一度試してみてください」
ベスト2位(フリウリ風フリコ)

第2位 フリウリ風フリコ

 これに続く一品として推すのは、『フリウリ風フリコ』。看板メニューの『ミラノ風ドリア』に似た見た目だが、こちらはじゃがいもにチーズをかけてオーブンで焼いたグラタンのような料理だ。 「まだ登場から日の浅い新メニューです。私も知らなかったのですが、イタリアのフリウリ地方ってところの郷土料理で、香ばしく焼き上げたチーズとマッシュポテトの組み合わせが最高。これからの寒い冬場、身体を温めてくれます」  筆者も実食してみたが、腹に溜まるのでもう1品欲しい場合にはちょうどいいかも。コスパ最高と評判のサイゼリヤのワインとの組み合わせもバッチリだ。
ベスト3位(ヘーゼルナッツ)

第3位 ヘーゼルナッツ

「そして、3つ目はアイスケーキの『ヘーゼルナッツ』。カラメルソースが絡んだナッツのザクザク感、メレンゲの口の中ですぐ溶けてしまう2つの食感がたまりません。サイゼリヤのデザートといえば、『クラシックティラミス』が有名で当然美味しいのですが、こっちは税込み199円と100円も安い(笑)。こんな値段なのにティラミス同様、イタリアから直輸入しているのも大きなポイントです」
次のページ 
ワースト2、3位は意外なあのメニュー
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事