エンタメ

あまちゃん効果で人気上昇!? 方言彼女イベントレポ

 2010年からテレ玉ほかで放送している方言+美少女バラエティ番組『方言彼女。』。アイドル・タレント・モデルらが、出身地の方言で、シチュエーションコントやバーチャルデートなどに挑戦し、方言萌えに目覚めること必至の人気番組だ。7月15日には、同番組の第3シーズン「方言彼女。0 [LOVE]」のDVDの発売を記念して、全巻購入者限定のイベント「方言彼女文化祭~夏の陣~」が開催された。

方言彼女 イベントに出演したのは、第1シリーズから出演の古崎瞳(広島県)、渡部優衣(大阪府)、渕上彩夏(熊本県)、第2シリーズから出演の砂岡春奈(栃木県)、望月一花(長野県)、みづきあかり(福岡県)、第3シリーズから出演のほのかりん(神奈川県)、知念沙也樺(福岡県)、小森真理子(宮崎県)、そして第1・3シリーズに出演の右手愛美(愛知県)ら10人。

 イベント前に行われた記者会見では、他地方の人には分かりづらい方言を出演者らが紹介。熊本県出身の渕上は、「あの人“シコっとる”ね~」という一瞬耳を疑う方言を披露した。もちろん下ネタではなく、「カッコつけてる」という意味とのこと。

 会場となったのは都内の体育館。イベントでは、番組への出演開始時期ごとに第1~3シリーズの3チームに分かれ、方言セリフ対決、方言にちなんだお絵かき対決、方言に関係ないが会場となった体育館を活かした大縄跳びが行われた。

 セリフ対決とお絵かき対決では、来場者がどのチームが最も良かったか札をあげて判定。セリフ対決では、みづき率いる第2シリーズチームは萌えよりもややネタに走る傾向があり、連続で3位という結果に。

⇒【イベントの模様やインタビュー写真】はこちら
https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=476552


 勝負を分けたのは、大縄跳び。最年少ほのかりんをはじめ平均年齢が最も低い第3シリーズチームが1番手に飛び、46回という驚くべき数字を出した。勝負あったかと思われたが、意外な活躍を見せたのは、ブルマ姿で気合十分のみづき。46回を軽く超えて1位となった。最年長者含む第1シリーズチームも奮闘するも、残念ながら結果は出なかった。

方言彼女 エアコン設備も十分でない体育館で、熱中症も心配されたが、何事もなくイベントは無事に終了した。終了後に、各シリーズ1名ずつにイベントの感想を聞いた。

 ブルマ姿で縄跳びで奮闘したみづきあかりは「優勝ほしさに頑張ってしまいました。そういうキャラじゃなかったと反省してます」と苦笑いするも、勝負を決めたあとには満面の笑みでピースを決めていた。「ブルマ姿で登場したとき、会場がざわついたので、やって良かった」ともコメントしており、サービス精神には感服させられる。

 16歳の最年少ほのかりんは、「前回はじめて出演した(方言彼女の)イベントよりも緊張せずに楽しめました」とリラックスした様子。他出演者からも「前回はクールな感じだった」とも言われており、普段のモデルをしているときとは違う顔をみせられたようだ。

 セリフ対決では来場者の心を鷲掴みにした渕上彩夏は、「大縄跳びでは、脚が最後ガクガクしてましたが、最後まで諦めずにがんばる姿が見せられたかも」と、悔しそうに語った。握手会でも「衣装を褒められたり、『ふっちー(渕上)がリーダーだよね』など言われてうれしかったです」とファンとの交流を楽しんだ模様。

 DVDの見どころについて話が及ぶと、説教部屋のコーナーでネタにされるなど広島弁の古崎瞳の怖いキャラについて話が盛り上がった。第3シリーズから参加のほのかは、「初対面のときに緊張していたせいか本当にこわかったんです(笑)。でも説教部屋のコーナーで一緒になったときにやさしい面をみて、あの時は体調悪かったんだなって思いました」と、裏話を明かしてくれた。

 ほかにも、コスプレしてハードなツンデレ的な演技をするコーナー「ギャップ嬢」でナース役を務めた渕上は、「すっごい長セリフを一人で止めずに喋るので、何回もNG出してしまったんです。OK出たときの達成感はすごかったです」と見どころをアピール。みづきは金色の全身タイツで登場したシーンを振り返り「よくやらせてくれた」と、自身の役どころについて満足気であった。

 今回で第3シリーズとなった「方言彼女。」。次シリーズは未定だが、「もっとプライベート感、素っぽさが出せるといいな。家族や友達の家でお泊まり会みたいな設定で」とほのかが提案すると、渕上も「長回しでお喋りしている感じで、面白いところだけ編集する感じで」と賛同。みづきも「いかに、ふっちー(渕上)が自由人かって分かりそう」と次シリーズへの期待をみせた。



 「方言彼女。」シリーズを見たことがないという人は、ぜひ公式サイトにアップされている動画をチェックしよう。壇蜜とのコラボ動画などもあり、一見の価値ありだ。 <取材・文・撮影/林健太>

●方言彼女。公式サイト http://hougen-kanojo.jp/

方言彼女。0 [LOVE]

人気コーナー「方言デート」が、人気アイドルグループから地方出身のメンバーが参加してパワーアップ


ハッシュタグ




おすすめ記事