デジタル

【iPhoneでいきなり通信制限を食らった話】心当たりないのに1日で6GB使用!?

 SoftBankのiPhoneを利用して数年。iPhone4がいい加減動きがもっさりしてきたことを受けて、最新のiPhone5Sに変えるべくMNPを利用してauのiPhoneに乗り換えてみた。

 乗り換えから3週間。とくにキャリアによる大きな差もなく、快適に使用していたのだが、3月10日に突然「通信量が3月10日に7.00GBを超えました。月末までの通信速度が制限されます」というメールが送られてきた。

 確かに、ここ最近混み合う電波状況から各キャリアとも通信量の上限を設けているのは知っている。しかし、iPhoneではそこまで大きなデータのやりとりもしないし、テザリングは当然していない。しかも、通常であれば6GBに到達した段階で「警告」メールが来るはずなのにそれすら来ない。どうにも腑に落ちず、「auサポートアプリ」で日々の通信量を確認すると……。

 なんと3月10日のたった1日だけで6GBも使っているではないか!

auiPhone

10日にいきなり6G近く消費している

 10日の使用状況を振り返ってみる。容量が大きいファイルが添付されたメールが一件だけあった。でもそれも2.4MBのzipファイルなのでiPhoneではわざわざダウンロードしていない。ダウンロードしたとしても2.3MBだ。6GBまでには程遠い。

 動画はどうか? そもそもiPhoneで動画を見ることはめったに無い。一つだけ、Facebookでフィード上に現れた全長一分ほどの動画をHD画質で見た記憶があるが、おもしろくなかったので30秒で止めた。

 音楽はどうか? ストリーミングで聞いていた覚えはない。

 バックグラウンドのデータをやりとりしていたのか? いやいや、iOSでは、バックグラウンドでのファイル転送については短時間しかできなかったはず。iCloudだってWi-Fi接続以外のときはバックアップしないし、差分バックアップだからいくらなんでも6GBは行き過ぎであろう。

 位置情報? いや、6GBの使用発覚後、いくつかのアプリの位置情報サービスをオフにしたが、オンにしていた10日以前のデータ量は多くても200MB。少ない日なら1MB程度だ。

 繰り返すようだが、モバイルルーターも他に持っており、テザリングは一切していない。

 設定から見る事ができるアプリのモバイルデータ通信量の記録システムサービスのモバイルデータ通信記録でも、そこまで大量のデータをやり取りしたアプリは見当たらない。心当たりがなさすぎて途方に暮れてしまった。

 auがサイトで定義する「7GBでどれくらい使えるか?」を見てみよう。(http://csqa.kddi.com/posts/view/qid/k1211120001

●スマホ版Yahoo!のトップページなら 30,366ページ
●メール(300文字程度のテキストメール) 約143万通
●YouTube(YouTubeモバイルの動画) 約58時間
●地図(スマートフォン版Google Mapsで現在地を表示した後に拡大/東京23区内)  約9,786回
●音楽(楽曲のダウンロード) 約1,790曲 


 auの見積だと7GBでこれだけのことが出来るのだ。

 対して、筆者が「6GBも一日で使った」とされた3月10日は

●メール12通(内、2.3MBの添付ファイルがあったがzipファイルなのでダウンロードしていない)
●YouTube HD画質だが30秒
●音楽のダウンロード 0曲


 あとは、TwitterやFacebookをアプリ経由でやっていたこととトータルで15分ほどソーシャルゲームをやった程度だ。正直、SoftBankのiPhone時代も同じような感じだったのにも関わらず、一度足りとも「一日で6GB」などと言われたことはなかった。

 あまりに腑に落ちないのでサポートに電話してみた。サポートデスクの人も「確かに一日で6GBはおかしいですね」と同意してくれた。しかし、サポートで出来るのは設備の故障などがなかったか調べることだけだという。こちらとしては、可能なら何時にどこの基地局でどれだけのデータ量のやりとりがあったのか知りたかったが、そうしたデータはないのだとか。

 それなら無理強いをしても仕方ないので、設備の障害や故障などがなかったかという調査を依頼して電話を置いた。

 翌日、サポートの担当者から電話がかかってきた。

 やはり設備の故障などはなかったという返答。6GBの通信量はいつどこでなされたかも謎のまま。そして、故障などもなかったため、7GB到達の通信量制限解除も無理だという。もちろんこの理不尽な現象を理由に違約金なしで解約することもできないという。サポートの人も申し訳無さそうで、これ以上追及してもどうにもならない感ありありだ。このまま128kbpsというテキストサイトを見るのもしんどい文鎮状態のiPhoneで翌月頭まで我慢するしかないのか……。

 まったく心当たりがないにも関わらず、6GBの通信が行われていたauのiPhone5S。正直、帯域制限で文鎮同様になってしまったのも痛いが、SoftBank時代は一回もなかった「たったの1日で6GB」という異常な現象のほうが気味が悪い。6GBものデータ、いったい何をやりとりしていたのか……。

 そんな事例は聞いたことがないが、何者かにクラッキングされて勝手にテザリングされていたのか??

 正直、auの事情で障害などが見つからなかったため制限解除できないのはわかったが、セキュリティの面からもau側にももう少しちゃんと原因を探ってもらいたい気がするのだが……。

 こうした現象が起きた人は他にもいるのだろうか? それとも、単に筆者が何かを見落としていて、うっかり6GB使っていたのか?

 この現象の原因がおわかりになる人がいらっしゃるならお教えいただきたいくらいである。

 ともあれ、日々のデータ量管理や無駄なバックグラウンド通信をしないように細かく設定したほうがいいのかもしれない。


<取材・文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事