恋愛・結婚

「ほろ酔い女子」のストリートナンパはスピード勝負

夏本番、浮足立つこの季節。だが我々サラリーマンは「夏はビーチでハンティング」という年でもなければ、若者と勝負できるパワーもない。そこで、大人でも十分イケる穴場を徹底調査。可能性があるスポットだけを厳選し、その入れ食い度を検証した!

<ストナン編>
路上(ストリート)でのナンパは下心丸見えで、慣れた女性にはスルーされがち。では今、ナンパ師はどこを主戦場としているかというと……?

◆ストリートならコリドー街!ほろ酔い女子はスピード勝負【銀座コリドー街】

ストリートナンパ 定番ナンパスポットとして知られる銀座のコリドー街は、夏が近づくにつれて出会い熱が増す。その理由を「夏はコリドー街初心者の女子が増える時期です」と話すのは、ナンパ師の一条尚也氏だ。

「見分けるポイントは2人組で手を繋いでいたり、テンションが高い。それから、周囲を見ながらダラダラ歩いているコですね。ただ、そういうコは前方からナンパすると警戒心を煽るだけなので、暗がりは避け、やや明るめの場所で後ろから声を掛けたほうがいいです」

 週末の21時に現場を訪れると、すでに男女の攻防戦が始まっていた。ピークは22時頃。ターゲットを瞬時に定め、先手で行動することも成功へのカギとなりそうだ。

入れ食い度:★★★★☆


◆暇な女子が集まるためナンパ成功率も高い!【渋谷駅前ビル】

「渋谷の穴場はCD・DVDのレンタル店、書店が入ったビルです」と、実際にナンパに成功したナンパ師ジェイソン氏は語る。

「店員が少なく音楽も大きい点がナンパ向きです。少し離れて彼氏がいる可能性もありますが、ヘッドホンをしている女子はまず一人。迷わず声を掛けましょう。話し掛けるときは、目の前の商品をネタに。DVDなら『この映画、評判いいですよね』、専門書コーナーなら『勉強を始めたばかりで、いい本を探していて』などと話すと自然で、会話も続けやすいです」

 現場に行くと確かに若くて暇そうな女性ばかり。一見の価値アリ。

入れ食い度:★★★☆☆

― [大人のナンパ☆スポット]現地調査【8】 ―




おすすめ記事