恋愛・結婚

「初体験が早い県ベスト1」沖縄女子をうまく口説くコツ

エロさに県民性はある! 都道府県別の「女の傾向と対策」を分析すれば、夜のマッチング率は格段と上がるという。そこで今回は「初体験の年齢が早い」女性の性の実態を都道府県別ランキングで紹介。そこから見えてきた、エロい県民性から攻略法を探ってみた。

◆初体験の年齢が早いのは…感情的かつ見えっ張り。「なんくるないさー」と早熟で抱かれる沖縄県

初体験の年齢が早い都道府県ランキング SEXへの積極性、抵抗感のなさを象徴するのが「初体験の早さ」だ。

「沖縄の女性は、理性よりも感情で生きている。怒りたいときに怒るし、泣きたいときに泣く。直感的に“いいな”と思ったら、たとえ初対面の男性に誘われたとしても沖縄女子は簡単についていってしまいます」(全国23万人以上のデータを心理学&統計学のアプローチで分析する木原誠太郎氏)

 そんな「直情型エロい女」ランキングの1位になった沖縄県だが、沖縄女子をうまく口説くコツはあるのだろうか?

「沖縄の女性は見た目にわかりやすいものが好き。軽自動車とキャデラックのようなアメ車では、ナンパの成功率がまったく違う。レンタカーで沖縄観光するなら断然アメ車がオススメです。そのままビーチに行けば、女性のほうから寄ってきますよ。

 また、経済的に余裕がない人が多いんですが、何かしてあげると必ずお返しをしてくれるのも沖縄らしさです。『社会的交換理論』と僕は呼んでいますが、車に乗せたり食事をおごってあげたりすると、そのぶん、必ずいい思いをさせてもらえる」(全国をナンパ行脚しているAV男優・しみけん氏)

 直感で生きる彼女たち。第一印象でハマらなくても、楽しませることができれば、お楽しみはすぐそこに待っている。

<初体験の年齢が早い都道府県ランキング>
※相模ゴム工業「ニッポンのセックス」(2013)より (*調査人数1万4100人)

1位 沖縄県(19.6歳)
2位 青森県(19.7歳)
3位 高知県(19.8歳)
3位 岩手県(19.8歳)
3位 兵庫県(19.8歳)
~~~~~~~~~~
47位 茨城県(21.1歳)

沖縄県に次いで東北・四国と順当に地方が上位。反対に首都圏など大都市近郊は、中途半端に余裕があるのか遅れ気味。早熟なエロい女性を狙うなら、思い切って遠出すべき!?

【木原誠太郎氏】
リサーチプロデューサー。深層心理をアンケートで可視化し、そのデータから科学的に行うセルフカウンセリングプログラム「ディグラム」を開発。著書に『ディグラム性格診断』(ポプラ社)など

【しみけん氏】
ナンパものを得意とするAV男優。ナンパロケでは四国以外の全都道府県を行脚。ナンパ最短記録は「3秒でキス」。ツイッターアカウントは(@avshimiken

― 都道府県別[エロい女]ランキング【4】 ―




おすすめ記事