エンタメ

人気グラドルの倉持由香、高崎聖子、鈴木咲が“放送禁止”寸前のセクシーポーズを披露!?

(左から)高崎聖子、倉持由香、鈴木咲

 10月19日(日)、池袋シネマ・ロサにて劇場版『放送禁止 洗脳~邪悪なる鉄のイメージ~』の公開記念上映イベントが行われた。

 イベントには「ポニーキャニオン グラドル映画宣伝部」の3人、「グラドル自画撮り部」の尻職人・倉持由香、Gカップグラドルの高崎聖子、異色のAカップ・アイドル・鈴木咲の3人が登場。上映終了後には“放送禁止“ギリギリのセクシーポーズを披露した。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=734274

 「放送禁止」は‘03年にフジテレビで放送され、大反響を呼び、2度の劇場化もされた伝説の深夜番組だ。本作は5年ぶりとなる劇場シリーズ第三弾である。あることがきっかけで強い洗脳状態に陥った元主婦と、その洗脳を解こうとする心理セラピスト。主婦の洗脳が解けるまでをビデオジャーナリストが追いかけるというフェイクドキュメンタリー方式の内容だ。

 上映終了後のトーク&撮影会では、3人の感想も披露された。高崎は「ちょっと難しかったです……。いろいろなキーワードが出てきて、完全に理解できたか不安です。ただ、観ているうちに、自分がだんだん洗脳されそうな気分になりました(笑)」と発言。ほかの2人から「そういう映画じゃないよ!」とツッコまれていた。

 倉持は「この上映会の前に、作品のすみずみまで目を離してはいけないって言われたんですが、その意味が分かりました! 何気ないしぐさや小道具に秘密が隠されていて、ビックリしました。また見たいです」と語った。完全に同作に魅了されたようだ。

 最後に、鈴木は「途中のどんでん返しとかビックリするシーンの連続で、(倉持)由香ちゃんと一緒に『えっ?』って、思わず何度も顔を見合わせてました。あと、観てて思ったんですけど、たかしょー(高崎)は、洗脳しやすそうだなぁって(笑)」と発言。会場を沸かせていた。

●『放送禁止 洗脳~邪悪なる鉄のイメージ~』
 企画・脚本・監督:長江俊和
 (C)2014「放送禁止 洗脳~邪悪なる鉄のイメージ~」製作委員会
 池袋シネマ・ロサにて公開中

<文/小平ジョージ 取材・撮影/西田周平>




おすすめ記事