ニュース

庭の汚染土を東電に持ち込んだ男の言い分

◆庭の汚染土を東電に持ち込んだ男 VS 東電社員

 福島第一原発から約130km離れたX市に住む会田ゲンさん(仮名・39歳)は、購入した線量計で庭の土を計測。0.5マイクロシーベルトという数値に驚き、庭の汚染土を土嚢に詰め、引き取ってもらうべく東電に向かった。以下、東電職員とのやり取りである。


庭の汚染土

東電の駐車場に土嚢を置くと、警備員と職員に取り囲まれたという

「庭を掃除して出た放射能だから、引き取ってください。東電さんの事業で出たゴミですよ」

「国が汚染土の処分方法を検討中ですので、決定するまで当社は何もできません。お困りのご家庭にアドバイスしているのですが、庭の隅に深い穴を掘って……」

「そんなのイヤです! 自分で出したゴミ、というより毒でしょ。そんなの家に置いておけないよ」

「線量計をお借りしてもいいですか。(ゲンさんから線量計を借りて計測。0.9を示した一つの土嚢を指す)これなら数値も高いし引き取っても……」

「政府が検討中の除染基準1マイクロシーベルト以上(9月中旬時点)って、そういうこと?」

「とにかく当社へのゴミの持ち込みはご容赦ください」

「じゃあ、あなたの家に穴掘って埋めてくださいよ」

会田ゲンさん(仮名)

現在、放射線量マップを作成中。今後も巨大権力に立ち向かっていくとか

「……個人としても引き取れません。ご理解ください」

「理解できません!」

 押し問答の末、土嚢を置いて強引に立ち去ったというゲンさん。持ち込んだ土嚢の行方は不明なままだ。ただし、こうした行為は東電への業務妨害になりかねない。くれぐれもマネはしないように。

― 放射能除染をめぐる(狂)都市伝説徹底ルポ【6】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事