韓国や中国にもない。新型アルファードのギラギラ感は世界最先端だ!

燃費を気にしてエンジンはエコ化(草食化?)しているのに、近年どんどん主張が激しくなっている“クルマの顔”。見た目の肉食化が進んでおります。こうしたクルマの顔面変化はいつから始まったのか? 新型アルファードのあまりの変貌ぶりを見て、ちょっと知りたくなりました

新型アルファード

先代では、地味なアルファード(高級車的装い)と派手なヴェルファイア(マイルドヤンキーの夢)だったのに、新型ではアルファードがマイルドヤンキーの夢になり、ヴェルファイアはどうしたの?ってぐらい地味に

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆マイルドヤンキー“究極の夢” 新型アルファードはギラギラ世界No.1!!【後編】

⇒【前編】はコチラ

新型アルファード

お値段は375万4473円~。中心は500万円前後、最高級グレードは700万円オーバーの高級車です。エンジンは2.5リッターと3.5リッターのガソリンとハイブリッドを用意。モックンと北川景子が乗ると高級車に見えますが、ワタクシが乗るとどうでしょうか?

 かつて戦国武将は、防御の機能よりもひたすら強力な威圧感を求めて、兜のデザインを進化させたが、自動車のグリルはまさにその方向へと進んでいる。兜はかに道楽風のハデなヤツが人気だが、この金歯も見てるとクセになってくる。

 世界で最も慎ましい精神性を持つ我がニッポンですが、こんなギラギラした顔は韓国車や中国車にもまだありません! ギラギラ感なら世界の最先端、世界一でしょう! 慶賀の至りであります。

 ついでにインテリアも実にゴージャス。これで500万円くらいなら高くない。つーか日本の最高級車として安すぎないか? シートや内装はゴージャスだけど、段差ではドスンとショックが来て乗り心地はイマイチだ。エアサスとかもっと高いサスペンション持ってこい! 天皇陛下だって乗るかもしれないんだから。パワーも足りない。もっとデカいエンジン積んでくれ!

【結論】
アルファードの金歯グリルは革命的にスバラシイが、それ以外はやや物足りない。日本の最高級車なら、5リッターV8ぐらい積んだモデルがあってもよかろう。ちなみに兄弟車のヴェルファイアは地味になっちゃった

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com




おすすめ記事