世界一の高級車も“上昇志向なし男”の前では無意味!?

これまで見下ろされることはあっても、見下ろしたことなんてない人生に、千載一遇のチャンスが到来しました。これ1台で、東京都内に庭付き一戸建てが買えてしまうロールス・ロイス・ファントムに乗れる機会に恵まれたのです。世界一の超高級車からの景色ってどうなんでしょうか?

ロールス・ロイス・ファントム

ファントムの後席でシートに身を沈めていると、成功者でもないのに「オレも頂点まできちゃったなー」と錯覚します。そして非常に心が安らかになります。まさに極楽でございます!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆一般人代表としてロールス・ロイス・ファントムから見下ろしてみた!!【後編】

⇒【前編】はコチラ

MJ:ベンツが作った最高級車・マイバッハも、視点の低さが問題だった。マイバッハがファントムと並ぶと、上から見下ろされちまう。それが原因で販売的に大敗して絶版に追い込まれたんだ。今度復活するけど。

ロールス・ロイス・ファントム

全長約6m、全幅約2m、重量は約2.6トン。ドア開口部が広く座面も高いので、乗り降りは本当に部屋への出入りをするって感じでした

K:なるほど、なるほど。

MJ:走ってても、小山が動いているみたいだったでしょ?

K:以前、三菱ふそうのバスを運転させてもらった時と同じ感覚でした。

MJ:バスと同じい!?

K:加速も悪くて、撮影用のカメラカーについていくのが大変でした。

MJ:加速はぜんぜん悪くないよ! だってエンジンは6700ccのV12。460馬力もあるんだから。

K:でも、踏み込んでもあんまり加速しなかったですよ。

MJ:それは踏み込みが足りないの。あのクルマはVIPを快適に移動させるためのものだから、むやみに加速しないように作られている。だから、本気でアクセルを床までグッと踏みつけないと、ギアがキックダウンしないんだよ。

K:あ~そうなんですか。とにかく、僕にも“秒速で稼ぐ男”与沢翼の気分がわかりました。先日亡くなった祖母を乗せてあげたかった……。超高級な霊柩車ですね、ファントムは。

MJ:豚に真珠だったか……。

ロールス・ロイス・ファントム【結論】
いいものは、いいものを知る者でないと真の価値がわからないのは美術品もクルマも同じ。平凡かつ上昇志向皆無の人間には、ロールス・ロイスは無意味だということがわかりました。一生、バスにでも乗ってろ!

告白

“与沢翼”のカラクリを白日の下にさらす




おすすめ記事