デジタル

車の中は「スマホの異常動作が起きやすい」危険スポット

夏の日差し、うだるような暑さに顔をしかめるのは人間だけではなく、パソコンやスマホも同じ。突然の熱暴走でシャットダウン、保存前の大事なデータを失う事態も。ガジェット系のトラブルが急増するシーズンを乗り切る方法を探った

◆便利なスマホの危険スポットは車

 熱を下げるための便利なアイテムを紹介してくれたのは、各種ガジェットに精通する武者良太氏だ。

「オススメはUSB扇風機。パソコンと壁の間にうまく送風できるよう、アームがフレキシブルなものを選ぶといいでしょう。ノートPCの場合は、屋内で使うならファンや冷却機能のついたスタンド、屋外では裏に貼るだけのPC用冷却シールが便利ですよ」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=871101

 一方、パソコン以上に使う頻度が高いのがスマートフォン。あまりに気温が高いなかで使用し続けると、「高温注意」という警告が表示されることもある。

「スマホは手で触れるので熱がわかりやすいように思えますが、軽く掴んで大丈夫そうでも、CPUの入っている箇所だけ熱くなっていることもあるので、注意が必要。熱のこもりやすいポケットや黒いバッグに入れないのは基本ですが、特に危険なのは車に設置されたスマホスタンド。最近はスマホをカーナビ代わりに使う人が増えていますが、ダッシュボードの上など、直射日光の当たる場所を避け、エアコンの近くに設置するなど工夫が必要です」

 異常動作を避けるためにも、ドライバーは早急に対応しよう。

スマホスタンド

カーナビ代わりにもなるスマートフォンだが、ダッシュボードの上など、直射日光の当たるところへの設置は厳禁!!

取材・文/SPA!編集部
― 高温多湿から[スマホ・PCを守る方法]―

激冷

ノートパソコンの裏面に貼るだけで簡単冷却




おすすめ記事