地味な下町だと思っていた「蔵前」が、“東京のブルックリン”と呼ばれるオシャレ街になっていた

「ブルーボトルコーヒー」が清澄白河に日本1号店を出した時、なぜ?と思った人もいただろう。しかし、いまや、東京の東半分は「ハイセンス」な街へと変貌している。イメージからすると、オレゴン州ポートランドやニューヨークのブルックリン……らしい。

 ポートランド勢がブルーボトルコーヒーを筆頭とするサードウェーブカフェが多い清澄白河だとすると、「東京のブルックリン」的な異名を持つのが、蔵前。

 周囲を問屋街や浅草のような観光地に囲まれて、昔は国技館があったもののどちらかというと地味なイメージだった蔵前が、なぜ「東京のブルックリン」になっているのか。

 台東デザイナーズビレッジの鈴木淳氏は「袋物や財布屋、バッグ屋が多く、ハンドクラフト系の人達が集まっている街」と説明する。空き物件をリノベーションした建物も多く、そこにハイセンスなショップやアトリエが入っていることからその異名がついたらしい。

 Web サイト「東東京マガジン」の編集長、今村ひろゆき氏が推すのは、バックパッカーズホステル「Nui」と、日本初出店の「ダンデライオンチョコレート」。後者は、カカオ豆の選別や焙煎からこだわったチョコレートが味わえる店とあって、2月の開店前から話題沸騰だった。

ダンデライオンチョコレート

「ダンデライオンチョコレート」サンフランシスコ発祥のクラフトチョコレート。製造の過程が原料のカカオから見られる

 最近は雑誌でもオシャレな街として取り上げられることが増えており、「地元の人たちが何よりビックリしているはず」と鈴木氏。

 街行く若者に話を聞いても「オシャレな雑貨や家具を見て回るだけで楽しいから好き」「昔ながらな感じと新鮮さが両立している」と賞賛のコメント多し。「蔵前好きというと“通”な感じがする」との声も。

 ハンドメイド製品の持つクラフトマンシップに憧れるサードウェーブ男子が、洒落たバックパッカーズホテルで国際交流をする。そんな街になっているのだ。

 3/8発売の週刊SPA!「東京の下町が[イースト・トーキョー]になっていた」では、鄙びた下町のイメージだった台東・江東・墨田などの東東京が、”丁寧に暮らす”サードウェーブ男子たちを魅了するシャレオツタウンに変貌している現状をリポートしている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!3/15号(3/8発売)

表紙の人/ 久松郁実

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中