それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」

みなさまこんにゃちは大川です。

『おかねのかみさま』37回めです。

今回はラスベガスで書いてます。
あした小さめのポーカートーナメントに出てきます。

※⇒前回「飲め」


〈登場人物紹介〉
健太(健) 平凡な大学生。神様に師事しながら世界の仕組みを学んでいる
神様(神) お金の世界の法則と矛盾に精通。B級グルメへの造詣も深い
死神(死) 浮き沈みの激しくなった人間のそばに現れる。謙虚かつ無邪気
美琴(美) 普通の幸せに憧れるAラン女子大生。死神の出現に不安を募らせる
村田(村) 健太が師と崇めるノウサギ経済大学の先輩。元出版社勤務
ママ(マ) 蒲田のスナック「座礁」のママ。直球な物言いが信条
学長(学) 名前の由来は「学長になってもおかしくない歳のオッサン」の略

〈第37回 お前みたいの〉
――蒲田 スナック座礁
「こんばんわ…」

「あらぁ!健太くん!どうしたの?ひとり?」

「あ、はい。いいですか?1,200円しかないんですけど…」

「いいわよぉ♡鏡月のボトルでちょっとあいてるのがあるからそれ飲んじゃって」

「え、でも、誰かのボトルじゃないんですか?」

「だいじょぶ♡いろいろあってもう来ない人だから」

「よかったな。お前はツイてる」
「あ、ありがとうございます…」

「どうしたんだお前、まだバイトの時間じゃねぇのか?」

「師匠…ぼく…つかれました」

「そうか。飲め」

「はい…」

「どうしたのー?なんかイヤなことでもあったの?」

「なにもないんです」

「ならいいじゃない」

「いや…ぼくの人生…なにもないんです…」
「そうか、飲め」

「はい…」

「なにもないのもいいもののよー。私なんか磁石のように変なひとが集まってくる人生しか送ったことないから、なにもない人生に心から憧れるわー」

「そうでしょうか…」

「飲め」
「はひ」

「そんなもんよ。だって、みんな将来の心配をするからその心配事が起こらないようにがんばって仕事したり準備するんでしょ。だったらなにもないことはみんなにとっての理想ってことじゃない。ちがう?」

「いいこというじゃねぇか」

「そうなんです。それはわかるんです。でも僕ふと気づいてしまったんです」

「何に?」

「その考え方でいうと…結局一生心配しながら仕事し続けることになるんじゃないかって…」

「なるほどな。いいこと いうじゃねぇか。飲め」
「はひぃ」

「で、そんな日常に何かアクセントが欲しくてこの店に来たってことね」

「いや、えと、そうなんですけどそうじゃなくて」

「なんだよ」

「ぼく…こないだ学長さんが言っていたことを勉強させていただいて…起業とかしてみたいなーって思いまして…」

マ村「キギョウぉ!???」

「はい…」

「起業って、その、ちょっと言いにくいんだけど、ケンタくんみたいな感じの人じゃなくて、もっとガシガシした肉食の人がやることなんじゃないの?」

「やっぱりそうでしょうか…」

「いや、最近はそればっかりじゃない。コイツみたいな一見なにもできなさそうなモヤシ野郎でも、アイデアひとつでのし上がれるのが起業のトレンドだ」

「モ…」

「えー、でもモヤシじゃやっぱりなんか頼りないわよ。だって大きくなるにつれて社員さんだって増えて行くんでしょ。そしたら朝礼とかやるんでしょ。あたしだったらモヤシに朝礼されたら死にたくなっちゃうわ」

「死にたく…」

「いや、最近のベンチャー企業ってのは朝礼なんかしないんだ。なんなら代表者のキャラクターだって必要ない。必要なのはゴールの設定と、そこに至ることのできる能力があるかどうか。それだけだ」

「ゴール?」

「そう。ゴール。昔はゴールを設定しても自分から動かない奴ばっかりだったから、横に立ったり、気合を入れさせたり、誰かが集団を監督する必要があったんだ。だけど最近は4,5人の優秀な人間とパソコンでなんでもできちまうんだから、ゴールが設定してあるにも関わらずその方向に向かって貢献できない奴はただ単に能力がないってだけの奴なんだよ」

「うーーーん。それでもモヤシはいやねぇ。もうこれは理由なんかないの」

「モヤシでもいいじゃねぇか。こんなモヤシでも束になったら相当なもんだぞ」

「そりゃあね!アタシだってモヤシが栄養価高いことだって知ってるし、タマゴとか、レバニラとか、ゴマの香るすてきな味噌ラーメンとか、欠かせないケースがたくさんあるのはわかるわ。だけどね、それは野菜としてのモヤシであって、じゃあモヤシに人生かけられるかって言ったら無理よ。どうせ人生賭けるならアタシはお肉に賭けるわよ」

「むぅ…それもそうだな…」

「でしょー」

「あのー…」

「なんだ?」

「あのですね。ずっと僕がモヤシって設定でお話が進んでらっしゃるところたいへん心苦しいのですが、ちょっとお話を聞いていただけますでしょうか」

次ページ「言ってみろ」

20_nikkan
逆境エブリデイ

総移動距離96,000キロメートル! 大川弘一がフルスピードで駆け抜けた400日間全記録

この特集の記事一覧

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中