【悲劇】59%の夫が結婚を後悔している

結婚,後悔

どこから巻き戻せばいいのかわからない

30代の100人の既婚男性に「『この嫁と結婚するんじゃなかった』と思ったことがあるか?」というアンケートを実施したところ、59%の男性が「思う」と回答し、嫁への不満が噴出した。いったい何が問題なのか? その順位をみていこう。

1位 容姿の劣化
2位 SEXを拒否
3位 飯マズ
4位 共働きだと約束したのに働かない
5位 束縛
6位 上から目線
7位 浮気癖
8位 姑と不仲
9位 情緒不安定
10位 そのほか

まず筆頭は「容姿の劣化」だ。これはお互いさまなので致し方ないところだが、なかには猛者もいる。教師の山本隆さん(仮名・39歳)はこう憤る。「10年間で推定15kg以上太ったんです。結婚当初の面影はまるでなく、太ったことで外見を気にしなくなった。風呂に入るのも面倒らしく、3日入らないことも。汗っかきになって最近では、加齢臭まで……夜の寝床は別ですね」。最後の一言には悲壮感が漂っていた。また定番の「飯マズ問題」でも怨嗟の声が。建設業の篠田一樹さん(仮名・36歳)は言う。「弁当に入っていたイカを食べた後に急に体調が悪くなって病院に駆け込みました。嫁を問いただすと『イカの賞味期限は2週間前に切れていた』って。どうも夫婦間の悪化とともに、弁当づくりが雑になって、傷んだものも平気で入れていたみたいで……」。これは、もはや戦争である。

ことほどさように、円満な夫婦というのは難しいものだが、せめて「明らかなハズレ」だけは引きたくないもの。精神科医の春日武彦氏は「ハズレ嫁」化しやすい女性の性向についてこう分析する。「多いのは、結婚こそ人生のゴールであとは惰性で生きようとする『余生型』。反対に結婚により自分の可能性が奪われたと被害者を気取る『逆恨み型』。あるいは、夫は自分のパトロンだと思っている『踏み台型』、相手を支配することに固執する『支配型』などに分けられますね」

これらのパータンにハマる徴候があれば要注意だ。時すでに遅し!という既婚男性は週刊SPA!1月10日発売号「嫁にすると必ず暴走する女の共通点」に処方箋を記しているので、ぜひ参考にしてほしい。現状が好転するかもしれない。

文/加藤カジカ 青山由佳 佐藤留美 イラスト/ドルショック竹下

週刊SPA!1/17号(1/10発売)

表紙の人/SKE48(松井玲奈・高柳明音)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中