恋愛・結婚

既婚を隠して火遊びのつもりが…女性が必ず気づく“違和感”ポイントとは

 近年、マッチングアプリで出会いを求める男女は多い。恋人や結婚相手を求める出会いの場のひとつとして、マッチングアプリは有効かもしれない。しかし、かなりの数の既婚者が「火遊び」の相手を求めているのも事実。  加藤真奈美さん(仮名・29歳)はマッチングアプリでできた「理想的な恋人」にずっと違和感を抱いていたという。彼女が感じていた違和感とは何だったのか、そして彼女がその違和感の理由を突き止めた方法とは……?
不倫はバレる

※画像はイメージです(以下同)

プロフィールの“嘘”を察知「写真と実物が微妙に違う」

 真奈美さんは彼氏と別れたばかりであった。最近利用している友人も多くいたことから、初めてマッチングアプリでの出会いもいいかなと思ったという。そのマッチングアプリは表示された写真とプロフィールを「いいかも」「イマイチ」でスワイプし振り分けていくと、お互いに「いいかも」をしたモノ同士がマッチングされるという仕組み。  真奈美さんはマッチングされた有名企業に勤める4つ年上のイケメン男性と意気投合し、早速デートをすることになったという。待ち合わせ場所にやってきたイケメン男性・志田勇気さん(仮名・33歳)を見て、真奈美さんはふと違和感を覚えた。 「あれ、なんか写真と雰囲気が違うな……」  違和感はそれだけではなかった。初めてのデートのその日、猛アプローチを受けて付き合うことに。マッチングアプリはそもそも男女が出会うためにあるものだから、このくらいのスピード感が普通なのだろうか? と流されつつも、彼女は戸惑った。  それでも彼氏ができたことは嬉しかった真奈美さん。出会った日に彼が務める有名企業の名刺ももらったし、すっかり信用していた。週に2回ほどのデートをするようになったが、それでも妙な違和感は続いた。たとえば、居酒屋でのデート中、ふと彼の顔を見ると妙に老けているような気がしたり、付き合っているのに家に絶対に呼んでくれなかったり。  彼が住んでいるのは笹塚だが、新宿でデートしているときに、 「あなたの家すぐ近くだよね? 遊びに行ってみたいな」  というと、勇気さんはこう返した。 「あ、俺、父親と二人で暮らしているんだ。だから家には呼べないよ、親父がびっくりしちゃうからさ」  付き合って間もないから「それでも行ってみたい、お父さんに紹介して」とは言い出しずらかった真奈美さんは、「そっか、そうだよね」とおとなしく引き下がったという。
次のページ 
個人情報はネット上に転がっている
1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事