仕事

30代で年収1000万円稼ぐ人たちの共通点。万年ヒラ社員との違いは?

 一見好調な日本経済だが、一方で稼ぐ人と万年ヒラ社員の格差が広がっているとの指摘もある。では、稼いでいる人の働き方とは? 今回は30代の年収1000万円プレイヤーたちに総力取材を敢行した。  30代はもはや会社においてはペーペーでなく、結婚も現実的になってくる世代だが、その実態とは?

転職で収入倍増。“次”も見据えて油断もナシ

~年収1300万円・外資系銀行勤務~
世代別[年収1000万円]男の働き方

転職で能力も上がったと感じているという古田さん。「外資系はとにかく結果ですからね。環境が人を変えるとはよく言ったものです」

 外資系銀行勤務の古田亮介さん(仮名・33歳)は、転職によって年収1000万円を突破した一人。 「もともとは中規模のコンサルで年収700万円ほどもらってたんですよ。給料に不満はなかったけど、当時の自分はタダのYESマンで。このままだと『働き蟻で一生終わる』という危機感から経験ゼロで今の業界に飛び込みました。人に合わせるのは得意なので、対人関係には自信がありましたしね」  結果、高収入を手にした古田さん。リスクヘッジも怠らないとか。 「業績次第で躊躇なくクビを切るのが外資系。転職エージェントと会って、常に次は探しています」  恋愛についても同様だとか。 「交際前は連絡するだけで喜ぶのに、付き合った途端、毎日のLINEやデートを要求されますよね。それはリスクだしコスパが悪いので、特定の彼女をつくらず、5人の女性とほどほどに会っています」  勝負所をかぎ分ける嗅覚とリスクヘッジが栄光をもたらすのだ。

資格取得の努力が実り、ステップアップに成功!

~年収1100万円・大手監査法人勤務~ 「しっかり自己投資をしたからこそ今がある」と語るのは、大手監査法人に勤める佐藤拓也さん(仮名・34歳)。そんな彼の現在の年収は1100万円だ。 「新卒で入った会社で最初に監査という仕事をさせてもらいました。そこでもっと収入を増やすためには別のスキルの必要性を感じて。働きながら大学院に通って英語と経営学を学びだしたんです」  両立は本当に苦労したとか。 「帰宅したら毎日3時まで勉強して6時起床。3時間睡眠が当たり前でした。その甲斐あってMBAを取得。一昨年ヘッドハンティングされて年収は倍になりました」
世代別[年収1000万円]男の働き方

読書家でもある佐藤さん。本棚にはMBAに関するものはもちろん、各種経済学の参考書から自己啓発本、小説まで多様な書物が並ぶ

 3年前に結婚したのも原動力。 「子供が3人欲しくて、もっと稼がなきゃって思ったんです」
次のページ 
年収2000万円・保険会社勤務
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事