マツダのライバルはラテン車!? プジョー渾身のディーゼルは最安が最高なり

 国内でも、クリーンディーゼル車の選択肢が増えてきた昨今。とはいえ手ごろな価格のディーゼル車となると、選択肢は限られておりました。そこに登場したのが、プジョーの小排気量ディーゼル車。快進撃中のマツダのディーゼル車はもちろん、プリウスとだってガチンコ対決できる逸材です。自動車趣味人はもちろん、普通の人にもオススメの1台であります。

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

快進撃のマツダもうかうかできない。プジョーの最安ディーゼルは最高!


 我ら自動車趣味人(少数)の間に激震が走っている。

 このたびプジョー・シトロエングループが、ラテン系ブランドとして初めて、クリーンディーゼル車を投入したのである!

 これまでディーゼルと言えば、日本では国産のマツダと、ドイツ勢(BMWとメルセデス)およびイギリス勢(ジャガー)のみだった。あっ、あとイタリアのマセラティがあったな、忘れてた。けどあれは1000万円くらいする高級車。一般人が購入を考える300万円以下のディーゼル車をラインナップしているのは、マツダとBMWミニしかなかった。

 が、この度、日本に導入されたプジョー308アリュール ブルーHDi(1.6ディーゼル)は299万円! 同じエンジンを積むシトロエンC4は279万円! このクラスのディーゼル車の燃料代はプリウスとほぼ同じにつき、車両価格が300万円を切れば、プリウスともガチの節約対決ができるのである!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1199862

プジョー308 Allure BlueHDiは1.6リッターディーゼルターボで120馬力(299万円~)。上級グレードの308GT BlueHDiは2リッターディーゼルターボで180馬力(354万円~)。狙うなら断然1.6であります!

次ページディーゼル車の主旨は「節約」、高すぎたら意味が無い

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中