女が判定!11種類のブスを完全類型化

本来、顔の美醜についての言葉だった「ブス」が、昨今どうもカジュアルに多用されているようだ。単に顔面の話に限らなくなってきているばかりか、ブスを自称する女性までも出てきている。そんな昨今のブスの生態を11タイプ分類して紹介する。

◆正統派ブス(顔ブス度100%)

・“彼氏”は空想上の生き物だと思ってる
・化粧しないので意外と肌はキレイ
・スーパーの2階に売ってそうな服を着ている
・処女

いわゆる男性が考えるところの典型的な“顔面ブス”。ブス扱いされて育ってきたため、本人もブスであることは自覚。一度もモテたことがなく卑屈だが、それを完全に笑いに昇華できるようになると、後述する「ピエロ型ブス」に進化

◆アイドル志望ブス(顔ブス度44~80%)

・メイドカフェで働くなど、ちやほや願望がある
・すぐ自分撮りする
・髪で丸顔をごまかす
・自分撮りの際、コンプレックスのアゴをピースで隠す

はやりの自分撮りに狂う“アイドルワナビーブス”の顔面偏差値の幅は広い。顔面ブス度40%程度の“惜しい”レベルから、誰がどう見ても残念な顔まで、皆一様にアイドルを目指してアメブロで自分撮りにいそしむ。目立ちたい欲求の塊

◆評論家ブス(顔ブス度15%)

・頭の回転が速い
・毒舌マシン
・子ども嫌い
・顔面ブスに厳しい
・そこそこ美人なのに性格が顔に出ている

高学歴エリートに多いタイプ。当落線上ちょい上で決して悪くない顔だが、発言内容がブス。心が狭くちょっとしたことに怒りを覚えて批判。屈託のない行動をとるのが苦手なため、嫉妬半分、呆れ半分で無自覚なタイプのブスに苛立ちを覚える

◆女子力アピールブス(顔ブス度69%)

・メイク、スキンケア大好き
・発言は女のコらしいが……

顔の醜さを気にして本人は努力しているが、客観的にはNG。「美容マニアの後輩は、自分では化粧やスキンケアの力でブスを脱却できたと思ってるけど、実際はドブス。元が悪いから(笑)」(里菜さん・仮名・30歳)と同性からの評価はシビア

◆モテてるつもりブス(顔ブス度70%)

・ファンシーな服が好き
・なんでもポジティブに解釈
・巨乳

自分の顔を客観視できない、ある意味幸せなタイプ。話しかけてくる男は全員自分を好きだと勘違い。モテ(てるつもり)エピソードを自慢気に話す。同性からの批判は「やっかみ」、異性に避けられたら「照れてるだけ」とポジティブに解釈

◆スピリチュアルブス(顔ブス度68%)

・体じゅう石やお守りだらけ
・数万円するパワーストーンをつけている
・おせっかい

ひょんなきっかけからパワーストーンや占い、怪しいセミナーなどに没頭。信心のおかげか、後ろ指をさされていることに本人たちは気づいていない。元は悪くなかった人でも、スピに走ると独特の微妙さをまとうようになるのも特徴だ

◆SNSブス(顔ブス度50%)

・四六時中スマホばかり見ている
・ツイートは悪口だらけ

明らかに誰のことかがわかるような愚痴を書き込んだり、悪口の対象者が見てるのを狙ってツイートしたりするネット弁慶で内面ブスの一種。このタイプを怒らせようものなら最後、ネット上でネガティブキャンペーンを繰り広げられる

◆ヤリマンブス(顔ブス度55%)

・ブスすぎて、セックスの最中は思わず相手が目をつぶる

ネガティブとポジティブの2タイプいる。前者は、容姿の自信のなさゆえにセックスしてもらうことで自分の存在意義を確かめる。後者はビッチゆえにヤられてることを楽しめるが、同性からは叩かれる。国内需要がなく、外国人に走る人も

◆構ってちゃんブス(顔ブス度10%)

・「そんなことないよ」「ブスじゃないよ」待ち
・決してブスではないが“惜しい”顔

女社会での処世術で敢えてブスを自称しているか、もしくは、自分のなかの“かわいい基準”が高すぎて本気で自分をブスだと思っているかのどちらか。いずれにせよ、ブスを自称するくせに、他人からはブスと言われたくない気持ちがある

◆ピエロ型ブス(顔ブス度53%)

・どこへ行ってもいじられキャラ
・ファニーフェイス
・なんでもブスを言い訳にする

無駄に旺盛なサービス精神ゆえ、いつもお笑いキャラでその場を楽しませる役回りに。おいしいと思う半面、「あまりにいじられすぎると、私は久本雅美じゃない! と夜中に泣きたくなる」(晴子さん・仮名・27歳)ということも

◆エンジョイブス(顔ブス度5%)

・すっぴん
・ズボラ
・夜中にカップ麺(ブス飯)

綾瀬はるか演じる干物女がイメージに近い。ブスをテーマにした漫画を描く安彦麻理絵氏が提唱するブス飯(=ブスになるB級ご飯)を好んで食べ、だらしなく過ごす。そんな自分の行動を「ブスだ」と笑い飛ばすが、美人ゆえに「正統派ブス」などにとっては目の上のたんこぶ

取材・文/朝井麻由美
― 女が判定!ブス大図鑑【5】 ―

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中