ハイスペックすぎるミス&ミスター東大たち

 11月25日、東京大学駒場キャンパスで『ミス&ミスター東大コンテスト2012』が開催された。ミス東大は文科三類2年の徳川詩織さん、準ミスは教養学部文科三類一年の林詩遥子さん、ミスター東大は理科一類2年の安宅晃樹くん、準ミスターは東京大学文科一類1年の戸塚康文くんがそれぞれ選ばれた。

ミス東大&ミスター東大

ミス&ミスター東大の4人

 特筆すべきは、候補者達のハイスペックぶりだ。例えば戸塚くんは今年のセンター試験で900満点中899点という最高得点を叩き出した経験を活かし、今月センター試験の関連本を出版したばかり。安宅くんは水泳で県での優勝経験があり、習字の師範免許を取得している。林さんは県のピアノのコンクールで3回も優勝。会場から「たいがー」とひっきりなしに名前を呼ばれていた渕上大河くんはかつてバスケで全国大会に出場したことがあるという。

 ほとんどの候補者が、サークルを3つほどかけもちしていることからも、爆発的な行動力に美が加わったスーパー大学生の寄せ集めであることが伺える。

⇒【画像】http://nikkan-spa.jp/337616/ut12_02

 ステージ上では、男女ペアになり、それぞれの特技が披露された。渕上&林ペアは、お互いが好きな「ももいろクローバーZ」のダンスをコミカルに演出してみせたり、体育会系テニス部に所属する相楽祥吾くんが筋力自慢にいそしむ間、茶道サークルに所属する佐野由梨さんがお茶をたて、汗だくになった相楽くんにふるまったりするなど、コンビネーションもばっちり。

⇒【画像候補者一覧】http://nikkan-spa.jp/337616/ut12_06

 全体から頭脳の高さがにじみ出ていた同コンテスト。印象的だったのは、彼らはマイクを握ると親しみやすさをアピールしようとする傾向が見られたことだ。例えば、ミスター候補者たちによる恋愛シーンでのベスト回答合戦では、「夜の遊園地で、俺の上にのらない?」、「俺のピサの斜塔は、お前だけのものだよ」と下ネタ発言が目立った。

 もしかして、こうした親しみやすさアピールの下ネタも、自分たちが”気さくなキャラ”であることをアピールするために高性能な頭脳が弾き出した自己演出……!? そんな筆者の邪推をよそに、こうしたアピールが、“学生らしい素顔”に映ったのだろうか、会場はどっと湧き返っていた。

⇒【その他の画像】http://nikkan-spa.jp/337616/ut12_11

<取材・文・撮影/小野田弥恵 撮影/林健太>

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中