ハゲは「進化した優秀なオス」の証である

成人男性の多くが抱える不安要素、薄毛やハゲ。これが足かせとなり、仕事やプライベートで積極性を欠くこともしばしば。しかし、諦めるのはまだ早い。コンプレックスを武器に、今こそ奮い立つのだ!

◆ハゲは優秀な能力を持つ「男性の進化系」だった!

佐藤明男医師

佐藤明男医師

 性欲が強そう、頭が切れそう。薄毛の人はそんなイメージを時として持たれるが、約8000人の男性脱毛症患者を診察してきた佐藤明男医師によると、これは、あながち間違いではないそう。

「近年の研究で、薄毛の原因は男性ホルモンの作用にあることがわかってきました。男性ホルモンには、男らしい肉体を形成し、知能や生殖能力を高める善玉と、男性脱毛症や体毛・ヒゲの増加などを促進する悪玉の2種類があり、善玉が多く分泌されるようになると、余分なものが悪玉に変換されます。つまり髪の薄さはたくましい肉体や知能、生殖能力の高さの証明ともいえる。またその傾向は母方から隔世遺伝し、いわば、ハゲは男性の進化系なんです」

 明治になるまで、わざと頭頂を剃り、ちょんまげ(=年功を演出)にすることが社会通念になっていたし、本田宗一郎や孫正義らの創業者も薄毛。薄毛はパイオニア精神の証明でもあるのだ。

「一方で力の強い男性が求められた狩猟社会から、農耕・生産社会へと時代が変化するなかで、女性は“管理しやすい男性”を求めるようになりました。幼くカワイイジャニーズ系のような男性が支持され、男らしい薄毛の男性が嫌われがちなのは、そのような社会の変化によるものなんです」

 現代が薄毛に厳しい時代であることは残念ながら確かなよう。

「薄毛のコンプレックスでネガティブになり、彼女もできないという人もやはり多い。ただ、現在はプロペシアなどの効果的な治療薬が出てきていますし、髪の状態が改善すると、性格が明るくなる人も多い。薄毛の人の潜在能力が高いことは明らかなわけですから、その能力をフルに発揮するためにも、治療するなり、スキンヘッドにするなり対策をしたほうがいい」

 髪を増やしたいなら、まず専門医に診てもらうことがスタートだ。

「薄毛の進行段階により効果的な治療法は変わりますし、民間療法や市販の商品には危険なもの、完全に間違ったものも多いんです。『ハゲ』『チビ』『インポ』は男性の永遠のテーマですし、治療は早いに越したことはありません」

⇒【写真】3年治療を行った頭髪の変化
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=391398


東京メモリアルクリニック

プロペシアで3年治療を行った男性(36歳)の頭髪の変化。佐藤氏の東京メモリアルクリニックでは月額8000円程度で治療は可能だそう

【佐藤明男氏】
「東京メモリアルクリニック平山」院長。約8000人の男性脱毛症患者を診察してきた頭髪治療の第一人者。著書に『なぜグリーン車にはハゲが多いのか』(幻冬舎)、『ハゲ、治りますか?』(NOTE Inc.)

取材・文/古澤誠一郎 黒田知道 藤村はるな 田幸和歌子 安田はつね(本誌) 撮影/難波雄史(本誌) 写真/産経新聞社 時事通信社
― [ハゲな自分]を克服した男たち【11】 ―

なぜグリーン車にはハゲが多いのか

自らも薄毛に悩む医師が推奨するポジティブ・ヘア・ライフ

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中