小学館ビルの漫画家壁画はこうして描かれた

小学館,漫画家壁画

神保町の小学館ビル。ガラス窓にもたくさんの絵が。

 去る2013年8月9日、建て替えのための取り壊しを控えた小学館ビル(東京・神保町)で、同社ゆかりの漫画家たちによる落書き大会が開かれた。道路に面した1階応接ロビーの壁や窓ガラスがさまざまな人気キャラクターで埋め尽くされ、その模様がネット上にアップされると、「豪華すぎ!」「一般公開してほしい」など大反響。その後、テレビや新聞の取材も相次ぎ、当該スペース前の道路はちょっとした観光スポットと化している。

 では、実際の落書き大会はどんな感じだったのか。現場で見ていたマンガ解説者・南信長氏に話を聞いた。

「やっぱり漫画家の皆さんも遠慮があって、『さあ、どうぞ』と言われてもなかなか最初の一筆がおろせないんですね。そこで先陣を切ったのは、浦沢直樹さん。一番広い壁のド真ん中に大きく丸を描き始め、いったい何を描くのかと思って見ていたら、『20世紀少年』の“ともだち”でした。浦沢さんはさすがに場慣れしてるというか、一種のパフォーマンスみたいな描きっぷりで、ほかの漫画家さんたちも見入ってましたね」

藤子不二雄(A),オバケのQ太郎,オバQ,小学館,漫画家壁画

オバケのQ太郎を描く藤子不二雄(A)氏。

 当日、参加した漫画家は、浦沢氏のほか、藤子不二雄(A)、ゆうきまさみ、島本和彦、コージィ城倉、月子、黒丸、高田サンコ、西村ツチカ、松田奈緒子など約25名。浦沢氏のあとに、前の取材が長引いたため遅れて登場した藤子氏がオバQを描き、そこからは皆が思い思いに自分のキャラやオバQ、ラムちゃんなどにオマージュを込めた絵を描き始めたという。

「皆さん、すごく楽しそうでした。やっぱり漫画家だけあって、そもそも絵を描くことが好きなんですね。仕事で描く絵だと楽しいだけじゃないでしょうけど、ああいう場では童心に返るというか。特に浦沢さんと島本さんは描きだすと止まらない感じで、そこらじゅうにいろんなキャラを描きまくってました(笑)」

⇒その他の壁画画像はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=492365

 ビル内に入ることはできないが、8月25日までは室内の照明も点灯されているとのことなので、外からの覗き見は可能。見に行くなら今のうちだ。 <取材・文/日刊SPA!編集部>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中