グラビアアイドルユニットG☆Girls「自信のあるパーツは○○です!」

G☆Girls

G☆Girls

 8月23日、Birth新宿で写真週刊誌『FLASH』が毎年開催するオーディション「ミスFLASH」から生まれたグラビアアイドルユニット「G☆Girls」がワンマンライブを開催した。

 日刊SPA!ではライブの合間に突撃インタビュー。グラビア活動と、歌って踊るアイドル、“二足のわらじ”の彼女たちの魅力に迫る。インタビューに答えてくれたのは階戸瑠李、椎名歩美、野村麻衣、Kagami、の4名。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=709108

――先日のTIF2014(http://nikkan-spa.jp/691442)で見せていただきまして。セクシーなステージング最高でした。ではまず、自己紹介と、TIF2014で印象に残ったアイドルを教えて下さい。

椎名歩美(以下、椎名):リーダーあゆみんこと、椎名歩美です。事務所の後輩のいるグループなんですが「SIR」が。何回か対バンさせていただいたこともあって、ステージも見てるんですけど、華やかなステージに映えるパフォーマンスというか、私たちとはまた一味違うグラビアのグループだなって。私たちが“セクシー”なら彼女たちは“キュート”というか。見ていてすごく勉強になりました。

Kagami(以下、Kagami):Kagamiです。それぞれ違う色を持っていて、素敵だな、と思って見てました、1つには絞れないんですけど、皆さん素敵でした。

野村麻衣(以下、野村):まいまいこと野村麻衣です。私はバニラビーンズさんが好きというか、テレビに出演されているのを見てて、去年も出演されてるのは知ってたんですけど、今年バス移動のときに、同じバスに乗ってて「あ!って一人でなってました。ライブを見ることが出来なかったのが残念なんですけど。

階戸瑠李(以下、階戸):るりぽんこと階戸瑠李です。「predia」さんが、セクシー系でダンスもすごく綺麗で、最近メジャーデビューもされて。憧れでもあり、「越えていきたいな」と思う存在でもあり、好敵手的な感じで思ってます。

椎名:私たちの出番のすぐ後に出演されていたので、楽屋のモニターで釘付けになって見てました。ウインクをされてる方がいて、キュンとしてしまいました。

――では、皆さん「ミスFLASH」から生まれたアイドルユニットということで、グラビア撮影の機会も多いかと思います。自信のあるパーツについて教えて下さい。

階戸:私はウエストですね。ウエストを強調したポーズって難しいので、グラビアのときはお尻推しで撮影してるんですけど。最近腹筋をすごく鍛えてて、スゴい硬くて、自信があります。

――腹筋を鍛えるために何か特別なことはしてるんですか?

階戸:ダンスレッスンの時や自宅で腹筋をしてて、あとは常に腹式呼吸を意識して、鍛えてます。

G☆Girls

この日のステージでも自慢の腹筋を惜しみなく披露した階戸瑠李

――呼吸まで意識されてるんですね!では続いてKagamiさんはどうでしょうか、自信のあるパーツは。

Kagami:私は足ですね。

――足の長さから大人っぽさまで、Kagamiさんは高校生とは思えないですよね。

Kagami:ありがとうございまーすー!

椎名:喋ると16歳なんですけどね(笑)

G☆Girls

この大人っぽさでまだ16歳!というギャップも魅力のKagami

――クールな見た目とギャップのある明るさ素敵だと思います。では椎名さんは、自信のあるパーツどこですか?

椎名:昔はコンプレックスだったんですけど、お尻ですね。ジーパンが入らないこととかも結構あって、すごい嫌で、隠して隠して生きてきたんですけど。今となっては武器になってます。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=709090

G☆Girls

コンプレックスだったお尻も今ではノリノリで撮影に応じてくれる椎名歩美

――コンプレックスが武器になる世界!夢がありますね。では、野村さん、武器はどこでしょうか。

野村:私は目ですかね。

――確かに眼力強いですね。

野村:あと、あんまり気づかれないんですけど涙ボクロが2つあるんです。そこもチャームポイントですね。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=709091

G☆Girls

チャームポイントの涙ボクロを見せてくれた野村麻衣

――なるほど、ありがとうございます。では、歌って踊るアイドルをやる上で、グラビアをやってて役に立ったことはありますか?

階戸:見せ方が上手だね、って言っていただくことは多いですね。決めのポーズも、グラビアの胸を突き出して腰をひねるとかっていうのは、共通してるところがあるので、ファンの方に褒めてもらえること多いですね。

野村:他の(舞台の)現場でダンスしてても、「あ!Gが出てるよ!」って言われるくらい、ちょっと腰を入れすぎちゃったりもします(笑)

――そこまで身体に染み付いているってことですよね。では、G☆Girlsとしての今後の目標を教えて下さい。

椎名:今年の目標はカウントダウンライブですね。16歳もいるので、ホントのカウントダウンは難しいんですけど、大晦日ライブがやりたいなって。あとはメジャーデビューも、したいですね

階戸:結構身近にいるアイドルの友達とかもメジャーデビューした方が多いので、私たちもキチンと実力をつけて、メジャーデビューさせていただきたいなって。

椎名:アルバムも出したいですね。

階戸:今、持ち歌が8曲あるので、もうちょっと曲が増えたら出せるかなって。

椎名:ソロとか2人とかのユニットの曲がっても面白いかもしれませんしね。

Kagami:バーベキューしたい!

――急にプライベートの話ですか!?

Kagami:みんなでバーベキューやりたい!

野村:(Kagamiは)食べるのが好きなんです……(笑)

――16歳、まだ育ち盛りですもんね。では、最後に皆さん個人の目標を教えてください。

階戸:このメンバーで歌番組とかにどんどん出てみたいですね。個人では女優業もやっているので、贅沢かもしれないけど、全部全力で頑張って行きたいですね

Kagami:私はテレビに出てメンバーに「録画したよ!」とか言われたいです。グルメリポートしたいです!

椎名:Kagamiにはキツイよ(笑)

階戸:「オイシー!」しか言わないもん(笑)

――ではその辺は練習していただいて。椎名さんはどうですか?

椎名:歌手として、全国ツアーや海外に行ってみたい、という気持ちもあるんですが、それと同時に、MCのお仕事にも興味があって、今もリーダーとしてMCをやってるんですけど、将来的にはTV番組のMCが出来るようなタレントになりたいです。

――MCができるとお仕事の幅も広がりますもんね。では、野村さんは今回のライブで卒業ということですが、今後の目標は何ですか?

野村:私はよく、例えば今日なら「Birth新宿で僕と握手!」みたいなツイートをするんですけど、最終的には「シアターコクーンで僕と握手!」って書けるようになりたいです。シアターコクーンに立つのが夢です。

――卒業後の野村さんの活躍、そしてG☆Girlsのますますの活躍、期待してます!ありがとうございました。

全員:ありがとうございました。

<取材・文/DDマツ 撮影/西田周平>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中