外国人観光客「花見はまるでロックフェス」――“ハナミ”が世界の共通語になる日は近い

 いよいよ到来した花見シーズン。美しい桜の下で酒を酌み交わす文化はもはや日本人のDNAに刷り込まれているが、花見を楽しみにしているのは日本人だけではない。満開の桜、そして花見という文化そのものを観光するため多くの外国人が日本を訪れているのだ。そんな外国人の目から見て、日本の花見はどのように映っているのか? 彼らの花見を探るべく、“メッカ”上野恩賜公園に足を踏み入れた。

上野公園◆外国人観光客「花見はまるでロックフェス」

 上野駅の改札を出て公園へ歩みを進めると、周囲からは英語、中国語、韓国語、スペイン語、イタリア語……と、あらゆる言語が聞こえてくる。昨年4月、訪日外客数は前年比33.4%増を記録したが、その勢いは間違いなく今年の花見シーズンにも継承されている。さっそく外国人観光客に話を聞くと、やはり多かったのは「桜を見るために来日した」という声だ。

200万人以上が訪れるという上野公園

「I came to visit my friend, but I chose this season to see cherry blossoms( 日本に住んでいる友達に会いにきたけど、桜を見るためにこの季節を選んだんだ)。花見の雰囲気には圧倒されっぱなしだよ」(メキシコ)

「日本に来たのは初めてだけど、もちろん花見は知っているよ。It’s gorgeous(すばらしいよ)!! 人がすごく多いわりにはみんな秩序立っていて、礼儀正しいよね」(アメリカ)

オクトーバーフェストで有名なドイツ人にとっても花見は特別

 花見シーズンだけで200万人以上が訪れると言われる上野公園。桜の美しさはもちろん、花見客の熱気に驚かされたという意見も少なくない。

「人がたくさん集まって、野外でお酒を飲んでいる雰囲気はちょっとしたロックフェスティバルみたいだね。It’s so unique because HANAMI is celebrated as festival(花見はお祭りとして祝われているところが独特)」(スペイン)

「Cherry blossoms are great but it’s so crowded(桜は綺麗だけど、人混みがすごいね)。ドイツでもピクニックは珍しくないけど、これだけの人が一ヶ所に集まることはないよ」(ドイツ)

 一方で「すごく面白いけど、日本では普段庭に集まってグリル(BBQ)をしたりする機会はないの?」(ポーランド)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=826337

「日本企業に招待されてきた」というポーランドのツアー客

と、逆に疑問を投げかけられるケースもあった。たしかに日本では近所関係や住宅スペースの問題、条例などの理由によって、欧米ほど野外のホームパーティーは定着していない。しかし、「年に一度」という希少性があるからこそ、魅力が増しているという側面もあるだろう。そんな花見への渇望が強まるにつれ、海外では自国で花見を楽しもうという機運も高まっている。

「HANAMI is wonderful(花見は素敵だよ)。家族や友達と地面に座って昼間からお酒を飲めるっていいよね。オーストリアでも花見は知られているけど、まだそういう文化はないかな。ただ、今度ウィーンには桜を植えたお店ができるみたいだよ」(オーストリア)

 日本でハロウィンやオクトーバーフェストが浸透したように、世界で確実に広まりつつある花見。米Yahoo!や英テレグラフ紙のサイトでは、アメリカのワシントンDC、スウェーデンのストックホルムなど、世界の名所を紹介する特集もおこなわれている。「ハナミ」が世界の共通語になる日は近そうだ。

<取材・文/林バウツキ泰人>

※参照元

●日本政府観光局:http://www.jnto.go.jp/jpn/news/data_info_listing/index.html

●Yahoo!:https://www.yahoo.com/travel/cherry-blossoms-c1425578529219/photo-seoul-korea-photo-1425585657511.html

●The Telegraph:http://www.telegraph.co.uk/travel/picturegalleries/9922037/Where-to-see-cherry-blossom-around-the-world.html

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中