ホモセックス経験 気軽にカミングアウトするノンケ男たち

gaykiss

「ついやってしまった」

突然だが、諸姉に問う。

あなたの好きな男性、恋人もしくは夫がホモセックス経験者だったらどうしますか?

実は、まったくのノンケ(異性愛者)であるにも関わらず、男性とのセックス経験を持つ男性がいるのである。しかも、そのカミングアウトっぷりの軽いこと。まるで、風呂にでも入ってきたようなノリで話すのだ。そのうちの一人、山本和久さん(42歳・仮名)は語る。

一度だけ興味本位でした。時期は4、5年前です。女性が男性の性器を美味しそうに愛撫するのを見て、自分も同じことをしてみたくなり、ネットで相手を探して……。行為そのものには興奮したけれど、男性とするのはやっぱり精神的にキツイ感じだったので、それきりですね

また、加藤将太さん(27歳・仮名)は「相手は会社の後輩です。ずっと一緒に泊まり込みで仕事をしていて、その日はたまたま後輩の家に。一緒の布団で寝たんですが、ふと目が覚めると後輩が俺のアレを咥えていました。後輩は俺よりガタイがよくて、男らしい感じ。自分も少なからず、後輩を見て時々『こいつカッコいいな』と思う時もあったんで、まあ別にいいか……と思って寝ました。翌朝、お互い何事もなかったように出勤しました

他にも、

高校の時の担任だった音楽教師に咥えられた経験がある

寝ていたらゲイの友達にしゃぶられた

興味があったので、ゲイのおじさんとやってみた

幼稚園から中学生の頃まで断続的に、数回経験した

……などなど、ほじくるとわんさか出てきた。彼らは一体、なぜこんなにあっけらかんとホモセックス体験をカミングアウトするのか? 日本のセックス事情に詳しいライターの大泉りか氏は語る。

ノンケだからこそ気軽にカミングアウトできるのでは。ゲイやバイの人がいくら市民権を得たといえども、まだまだ差別的な意識が残っていることも事実。それに対しノンケは実際に男性とセックスをしているにも関わらず、自分のことをゲイともバイとも思っていない。だからこそホモセックスを『武勇伝』と捉えてカミングアウトできるのでしょう

また、今回話を聞いた男性たち十数人中、セックスをした理由の中で最も多かったのは、「幼い頃に誘われたから」。二番目は「興味があったから」であった。一番目は幼さゆえに判断能力がなかったということで除外しても、「興味があった」という理由が多いのは意外である。

女性に比べて『不特定多数と様々なセックスを体験してみたい』という性質(欲望)を持っている男性にとって、男性とのセックスはそのレパートリーのうちの一つと捉えているのでしょう。特に相手がゲイの男性だと『やらせてくれるからやってみた』みたいなノリなのかもしれません。ブスなコに好かれちゃったけど、巨乳だしヤレないほどでもないから一度ヤってみたという感覚と同じなのかも」(大泉氏)

確かに、男性の性へのオープンさは、女性のそれとは異質のものだ。性器やオナニーの見せあいっこをするのはほとんどが男の子だし、大人になっても、やる時はやる。そうしたあけっぴろげさが、「気軽なホモセックス及びその軽すぎるカミングアウト」を引き起こしているのだろうか?

ちなみに今回接触した男性たちは、性器をしゃぶられる程度はまったく抵抗がないようであった。それに対し、挿入行為までしたことがあるケースは非常に少なかった。

不肖・編集A(一応女)も友人にホモセックス経験をサラリと語られたことがある。「そういうことがあってもいいじゃない」というのだ。ちなみに彼は数少ない挿入経験者であった。ただ、その友人とは恋愛関係に発展する可能性もあったのだが、男のア○ルに入った性器を自分に入れられるのは勘弁してほしいと思い、しばらく連絡を絶った……。

再び、諸姉へ。

もしあなたの彼が経験者で、いつか急にカミングアウトされても、めげずに頑張ってほしい。応援している。

取材・文/日刊SPA!取材班

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中