「フィギュア体型とヨコ乳を見て!」日テレジェニック2015が水着でお披露目

 グラドルのスターを輩出する「日テレジェニック2015」のお披露目が行われ、菜乃花、久松かおり、高崎聖子、大澤玲美、橘花凛、熊江琉唯の6名が選ばれた。

日テレジェニック2015

(写真左から)熊江琉唯、橘花凛、大澤玲美、高崎聖子、久松かおり、菜乃花

「日テレジェニック」は、日本テレビが次世代を担うグラビアアイドルを毎年選出するプロジェクトで、過去には井上和香、小倉優子、佐藤江梨子、内田理央らを輩出してきた。今回は、すでにグラビアや雑誌で活躍しているブレイク間近の若手候補11名が、同局の番組「次世代アイドル発掘バラエティー 人気者になろう!」でさまざまな企画に挑戦し、互いの人気度を競い合った。

 合格の一報は当日の午後に電話で伝えられたといい、高崎聖子は「電話が鳴ったときは号泣しました。2年前の夢だった『日テレジェニック2013』で落選したので、今回はリベンジできてよかったです。わたしはアキレス腱フェチなので、アキレス腱の仕事があったらください!」と笑顔を見せた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=934897

 女性ファッション誌「Popteen」や「LARME」でモデルも務める大澤玲美は「昨日まで自信はあったのですが、全然電話がなくて……かかってきた時は素直にうれしくて涙が止まりませんでした」と、思わず言葉を詰まらせ涙を見せながらも「事務所の先輩である上戸彩さんみたいになりたい」と笑顔をこぼした。

 また、記者から「誰にも負けない特技」を聞かれると「フィギュア体型と横乳がチャームポイントなので、ぜひ横乳を撮ってください!」(菜乃花)「明るさと誰よりもかわいい笑顔です!」(久松かおり)「自分のペースを忘れないマイペースさです!」(橘花凛)と思い思いに個性をアピール。中国出身の熊江琉唯は「日中の架け橋になりたいという思いで今年から芸能界に入ったので、選ばれたからには経験を生かして宣言を果たしたい」と意気込んでいた。

 会見ではジェニック初のオリジナル楽曲の制作と、6人のユニットデビューがサプライズで発表された。全員が驚くなか、菜乃花は「音痴な人がいるんですけど……」と振り向き、高崎は笑いながら「どうしよ~」と頭を悩ませていた。

 その他にも10月には撮影会が開催され、同番組の連動ライブチャット「NEO Station.TV」でレギュラー番組「人気者になろう!NEXT」の配信が決定。会見の模様は18日深夜1時29分から放送の「人気者になろう!」最終回で放映される。

<日テレジェニック2015>

・菜乃花(なのか)
1989年7月7日生まれ、広島県出身
T 160 B 90 W 58 H 86

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=934902

・久松かおり(ひさまつ かおり)
1995年5月1日生まれ、兵庫県出身
T 153 B 90 W 62 H 85

・高崎聖子(たかさき しょうこ)
1993年5月13日生まれ、愛知県出身
T 161 B 87 W 59 H 86

・大澤玲美(おおさわ れいみ)
1993年5月8日生まれ、埼玉県出身
T 160 B 84 W 60 H 89

・橘花凛(たちばな りん)
1990年8月9日生まれ、新潟県出身
T 160 B 92 W 58 H 90

・熊江琉唯(くまえ るい)
1995年4月17日生まれ、中国出身
T 172 B 86 W 61 H 84

<取材・文・撮影/北村篤裕>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中