【AKB48じゃんけん大会】ガチ勝負で見えた非選抜メンバーの不安やプレッシャー

 9月16日、第6回AKB48グループ・ソロシングル争奪じゃんけん大会in横浜アリーナが行われた。見事、本戦参加108名のなかから優勝に輝いたのはいままで非選抜メンバーだった藤田奈那。決勝では、中西智代梨をパーで破り、ソロシングルの権利を勝ち取った。藤田は大会終了後の記者会見で「ダンスが得意なのでパフォーマンスで魅せられる楽曲だと嬉しい」と語った。

AKB48じゃんけん大会 藤田奈那

藤田奈那。96年、東京都生まれ。’10年に10期生としてAKB48に加入。現在はチームKに所属

 今大会は例年にも増してガチ感が強い大会だった。じゃんけん大会は今回が6回目。第1回大会の内田眞由美以降、優勝者が選抜メンバーに偏っていたことから、八百長疑惑をかけられるようになった側面もあった。しかし、今大会では特典が与えられるベスト16に残ったメンバーでAKB48の選抜経験を持つメンバーは木崎ゆりあ、横山由依、渡辺美優紀の3人とじゃんけん大会史上最も少ない。

AKB48じゃんけん大会

前列左より横山由依、西野美姫、中西智代梨、藤田奈那、木﨑ゆりあ、飯野雅、相笠萌。後列左より野村奈央、近藤萌恵梨、上西恵、菜月、渡辺美優紀。時間の関係で佐藤紀星、福岡聖菜、横島亜衿、阿部芽唯は不参加

 また、決勝に残った藤田奈那と中西智代梨の勝ち進んでいくなかでのリアクションがそのガチ感を印象づけた。特に準決勝に勝った後の藤田は待機するイスに戻るなり、首を振りながら下を向きうつむいてしまった。本人も後の会見で話したが、「優勝したい気持ち以上に、ソロデビューすることに不安な気持ちが出てしまった」ということだった。また、準決勝のもう一試合で中西が木崎に勝利するのを確認するとひざをついて愕然とした様相も見せ、試合直前のインタビューでは「どっちが勝ってもヤバい」と発言。予想しなかった自身の快進撃にかなりの動揺をしているようだった。

 決勝戦ではまさかのお互いグーを出し続け、6回あいこというこう着状態。藤田は「いままでグーで勝ってきたのでグーにこだわっていた」「中西さんはおそらく勝とうとしてないと思ったので最後は決心してパーを出した」と振り返ったが、グループを代表してソロデビューするというのは、一般的な知名度の高くない藤田や中西には相当なプレッシャーがあったようだ。非選抜メンバーとして活動する彼女たちにとって注目を浴びるチャンスであると同時に「自分なんかがそこに立っていいのか」「ソロデビューしてCDが売れなかったらどうしよう」という思いも交差し複雑な心境になってしまったという。一部メンバーを除けば、ここまでの規模になったグループの看板を背負うというのは並大抵のことではない。しかし、そんな彼女たちが勝ち上がったことで大会も盛り上がり、じゃんけん大会の本来持つ「誰が優勝するかわからない真剣勝負」という意義性を改めて感じさせてくれるものとなった。

⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=939710(じゃんけん大会での藤田)

 藤田自身は在籍約5年。総選挙ではいままでずっと圏外で、じゃんけん大会も含め選抜経験はなし。そんな彼女が“チャンスの順番”を迎えた。囲み取材でひとり受け答えする姿は、いままでそういった経験の少なかったメンバーにしては見事な対応で、「やっと掴んだチャンスなので、全力で頑張ります」と決意もハキハキと語ってくれた。ひとつの壁を乗り越えた彼女の表情はどこか清々しく、壇上の不安な顔とはまったく異なるものだった。じゃんけん大会はメンバーに変わるキッカケをくれるもの。最後の最後に勝ちにいった藤田が殻を破り、ここから一気に花開くことを期待したい。

⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=939705(じゃんけん大会の様子)

取材・文/日刊SPA!編集部 写真提供/AKS

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中