ニュース

熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ

15年間、世界中のカジノを放浪して勝ち続けてきたプロギャンブラーのぶき。「『人生』とは自分軸で生きること、『賭け方』とはこの1時間をどう使うかの戦略だ」と言い切る。世間体から解き放たれ、「スマイル基準」で人生を勝ちへ導く男が語る生き様論。

プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」〈第22回 熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ!〉

 日本人なら、今までに熊本産のモノを食べているはず。あなたの体の一部に組み込まれた熊本産が、いま助けを求めている! 僕は熊本へ災害ボランティアをしたくて、2週間滞在した。行ってみて感じたことは、熊本駅周辺は復興しつつあるけど、他はまだ手つかず。これは東日本大震災の時の仙台駅周辺と同様だ。

 たとえば、従来はゴールデンウィークまでに田植えを終了していなければならない。それなのに、田んぼへの水路が地震で壊れて、水すら張れていない田畑も多い。やばい、やばすぎる!

 被害が一番ひどいと言われる益城町へ、調査の仕事を請け負った。ご自宅が全壊の家庭へお伺いすると、車庫とかに住居を移していらっしゃる方も多い。それでもニコヤカに活き活きとした顔をされ、この災害に立ち向かうため輝いて生きている。熊本の人は、マジでメンタルが強かった。それでも、さすがに今年の田植えなどはあきらめモードになっている農家さんも多い。

 実は熊本入りする前に、ボランティア情報を検索しまくった。どうやら社協というところのボランティアセンターで参加するしかないみたいだ。ただ、2時間も並んで、現場まで移動し、たったの30分の作業で終了とかもよくあるとのこと。午後には熊本の繁華街で、ボランティアのシールを肩に貼ったまま、ぶらぶらと練り歩いているのをよく見かける。すぐに募集が終えてしまう日もあったとのことだ。理由は、社協が自治体主体のボランティア紹介で、多数の応募があるため、全員をうまく有効活用することが困難だから。

 わざわざ本州から意気込んでボランティアへ向かった人には「消化不良」と感じ、達成感を得られない――そんな声を何度も聞いた。そして、そのせいもあってか、ボランティアの人数は日々減少の傾向。特にゴールデンウィーク後は、半減以下。でもボランティアへの作業依頼は多数きている。

次のページ 
僕が現地でボランティア情報を探してわかったこと

1
2
勝率9割の選択

自らの人生は、自らの手でつかむ!!

ギャンブルだけで世界6周

15年、82ヶ国、500のカジノを旅した、勝負×旅エッセイ!





おすすめ記事