ニュース

熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ

 僕が現地でボランティア情報を探してわかったこと。民間の災害ボランティア団体という集団がいた。そして、活躍している。全国から被災者を助けるために集まった有志の集団だ。それも、社協でのボランティアでは手に負えないことまで、自己責任で請け負っていた。  熊本が復興するためには、熊本にお金が入る仕組みである産業の復活もポイント。田畑への水路の補修作業、ぼろぼろになってしまったいちご農家の復旧作業、閑散とした旅館業へ旅行者の呼び込み、そして家を再建して元気になってもらうためにも家屋撤去などなど。被災者がどこへ依頼しても、助けてもらえなかった案件すら、次々と復興させていく。まさしく、被災者にとって、ヒーロー&ヒロインが災害ボランティア団体だ! 農家さんがあきらめモードでも、ボランティアの力が合わされば、解決できる!  熊本入りした僕は、産業復興が急務と考え、そのためにはボランティアの再分配が大至急な案件と結論づける。社協に並んでいるボランティアの列へチラシを作ってコピーし、勝手に連日300枚を配った。そのチラシで、実際に埋まったボランティア団体も出現した。ラーメン屋に並んでいる列へ、他のラーメンのチラシを配るような行為。だけど、結果的に被災者の人が喜ぶなら、泥はいくらでもかぶりたい。

ボランティアの列へ勝手に配った、他のボランティア情報のチラシ

 熊本復興のため、ボランティアが大至急必要で、僕のお勧め3団体をご紹介させてください。どの団体も泊まりがけでの作業だと、効率的です。下記の①と②の団体は、公共の交通手段でたどりつけます。下記の①と③の団体の一部は移住し(←熱くすてきな人達っすよね♪)、仕事を請け負いながらの長期的な復興支援も模索しています。 ①産業復興支援もしたいならこちらへ⇒NPO法人ユナイテッド・アース チームワークが頼もしい団体。阿蘇の温泉街に拠点があり作業後は目の前の温泉に入り、商店街でご飯を食べるのも復興支援に♪ ■場所と内容⇒阿蘇市で農家支援、観光復興、家屋撤去など。 ■連絡先:080-6210-8513 ②ガテン系ならこちらへ⇒一般社団法人震災復興支援協会つながり ネットで叩かれていた団体だけど、僕は被災者さんが喜ぶ姿を見てきた。あなた自身の目で、ネット被害にすら立ち向かうボランティア団体の勇姿を確認してほしい。宿泊、軽食、お風呂、洗濯、駐車場、すべて無料。 ■場所と内容⇒御船町で被災家具搬出、家屋撤去 ■連絡先:080-8219-0311

地元に愛されている写真を多数みかけた

③熱き人はこちらへ⇒市民お互い染隊「フキンシンズ」 危険な作業をただの熱き魂だけで請け負う5人組。お金は受け取らず、善意からのモノだけ受け取るスタンス。 ■場所と内容⇒必要とされる被災地へ日々移動。ガテンな作業を気合いで遂行。 ■連絡先:facebook 大城 秀一さん(要面接) https://www.facebook.com/shuichi.oshiro  僕はこの見た目から、最初は被災者さんに不信感を抱かれたものの、別れ際には涙されたことすらある。  こういう熱き団体が熊本の復興へ一役を買っている。熱きボランティアが動くことで、被災者のこころが復興していく。 【こころは熱さで動く。熱く生きよう】by 人生の賭け方  がまだすばい!ぜひあなたも熊本を死守しに災害ボランティアへ行こう! 【プロギャンブラーのぶき】※facebookフォロワーさん大歓迎 1971年東京都生まれ。15年間カジノで勝ち続けたお金だけで、世界6周。東日本大震災時、ボランティアのため一時帰国。すると、メディア・講演依頼など各方面から引っ張りだこに。検索「プロギャンブラー」にて独占状態。著書に『勝率9割の選択』(総合法令出版)、『ギャンブルだけで世界6周』(幻冬舎) FACEBOOK https://www.facebook.com/nobuki.progambler オフィシャルブログ http://blogs.yahoo.co.jp/nobukiaa1971年東京都生まれ。15年間カジノで勝ち続けたお金だけで、世界6周。東日本大震災時、ボランティアのため一時帰国。すると、メディア・講演依頼など各方面から引っ張りだこに。検索「プロギャンブラー」にて独占状態。著書に『勝率9割の選択』(総合法令出版)、『ギャンブルだけで世界6周』(幻冬舎) FACEBOOKフォロワーさん大歓迎オフィシャルブログも更新中
1
2
勝率9割の選択

自らの人生は、自らの手でつかむ!!

ギャンブルだけで世界6周

15年、82ヶ国、500のカジノを旅した、勝負×旅エッセイ!





おすすめ記事