スポーツ

“サマースラム”で怪事件の雪崩現象――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第115回



 いくつもの怪事件が起きた“サマースラム”は、ホーガンでもサベージでもない、あるいはウォリアーでもセッドでもない、次世代スーパースターの誕生を示唆していた。

 “ヒットマン”ブレット・ハートが“ミスター・パーフェクト”カート・ヘニングを下し、インターコンチネンタル王座を獲得した。義兄ジム・ナイドハートとのタッグチーム、ハート・ファウンデーションを解散し、シングルプレーヤーに転向したばかりのヒットマンは、この日、ほとんど“無印”のシチュエーションでWWE史に残る名勝負を演じた。

 キャリア13年、34歳のヒットマンにとってIC王座はWWEのリングで初めて手にしたシングルのチャンピオンベルトだった。ビンスはヒットマンの潜在能力を高く評価していたが、1990年代のWWEの主役候補となるとはまだ考えていなかった――。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

1
2
3


ハッシュタグ




おすすめ記事