ニュース

参院選前に見直す各政党の“イタい”アイドルとのコラボ戦略。枝野幹事長は羽目を外しすぎ!?

えだのんのゆるっとトーク

枝野氏の趣味……ではなく、若者向けの広報活動、だと信じたい。

 その人気に乗っかって耳目を集められるからか政党の広報がアイドルを引っ張りだすのはよくある話。幹事長の趣味を反映してか、アイドル起用が特に多いのが民進党。今年の4月、ニコニコ超会議の民進党ブースに、地下アイドルグループ・仮面女子と登場した枝野幸男幹事長は、ステージ上で一緒になって歌って踊る姿を披露したが、ネット上の反応は冷ややか。興奮しすぎて、「自民党(のブース)に勝ってる!」という迷言も生まれた。本人は楽しいかもしれないが、中年男性の歌い踊る姿を見て、有権者は何を思のだろうか。さらに、双子モデル・mimmamのLINE配信番組に登場した際も「えだのん」と呼ばれてデレデレの様子を見せつけてくれた。

 ちなみに、ユーモアを交えた「時事ネタ」でおなじみの芸人・プチ鹿島氏いわく、「麻生さんがオタクへのアピールをしたように、枝野さんももっと、アイドル好きへすり寄るべき」とのこと。

プチ鹿島氏

芸人・コラムニスト、プチ鹿島氏。「時事芸人」として、ユーモアを交えながら時事ネタを解説。著書に『教養としてのプロレス』(双葉文庫)

次のページ 
社民党が制服向上委員会と…

1
2
週刊SPA!6/28・7/5号(6/21発売)

表紙の人/ 関ジャニ∞

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

選挙ってなんだろう!?

大物政治家がアイドルに語りかける18歳からの政治学入門。




おすすめ記事